contact

カテゴリー

2017年02月03日

第四試合

 

2017年1月26日 後楽園ホール 第四試合 世志琥デビュー6周年記念試合~Pandora’s box~(30分1本勝負)
▲世志琥&アジャ・コング(15分40秒、両者場外リングアウト)松本浩代&Sareee▲

 

IMG_2902 IMG_2900

IMG_2893 IMG_2892【試合リポート】
世志琥のデビュー6周年記念試合として組まれたセミファイナル。世志琥はOZアカデミー1・8新宿大会で始動させたアジャ・コングとのタッグをSEAdLINNNGマットで初お披露目。そんな世志琥に並々ならぬ闘志を燃やしているのが同期であり、世志琥に負けが続いているSareeeだった。この日はOZアカデミー無差別級王者の松本とのタッグで挑んだが……。

開始直後からSareeeは世志琥しか目に入っていないようで、暴走ファイトを繰り返す。相手がアジャに変わっても、Sareeeの目には世志琥のみ。アジャの串刺しラリアットをかわすと、そのまま世志琥に猛突進! この状況にアジャもお仕置きのダブルチョップ。そしてエルボードロップを投下する。

続いて世志琥vs松本の場面に。久々の対決となる両者はショルダータックルで真っ向勝負。最終的に松本に軍配があがるも、世志琥もすぐにやり返してイーブン。ならばと世志琥はスリーパーで捕獲。するとそこにSareeeが介入する。松本を助けるかのごとく裏投げの体勢に入るが……松本が脱出しても世志琥から離れないSareee。見かねた松本がSareee&世志琥をまとめてバックドロップで投げ捨てる。

戦況はアジャvs松本に移り、アジャが引き込み式ラリアットを放てば、松本はバックエルボーで応戦。そしてパワーボムの体勢に捕らえるも、堪えたアジャが裏拳を放つ。激しいパワー合戦に、両者同時にチェンジ。

再び訪れた世志琥vsSareee。まずはSareeeがドロップキックで突っ込むが、かわした世志琥がフットスタンプ、ヒップドロップ。Sareeeもフットスタンプでやり返し、ドロップキックをお見舞いする。ヒートアップする両者はエルボーのラリー。Sareeeがロープに走るもこれは世志琥がカウンターのネックハンギングボム。キックアウトしたSareeeが裏投げを放ったが、アジャが一斗缶で妨害する。

怒ったSareeeはアジャにもドロップキックを放っていき、再び世志琥に目を向ける。だが、アジャがバックドロップ2連発に裏拳。これをかいくぐったSareeeがロープに走るも、アジャが迎撃して垂直落下ブレーンバスター! 徐々に追い込まれていくSareee。世志琥&アジャはSareeeへの串刺し攻撃、サンドイッチラリアットを狙う。

これをSareeeがかわすと、すかさず松本がミサイル発射。助けてもらったにもかかわらず、Sareeeはその松本にもドロップキック。世志琥を場外に落としたSareeeはプランチャスイシーダ。暴走するSareeeがイスまで持ち出すと、アジャも反撃にかかり、会場は騒然となる。

一向にリングに戻ろうとしない世志琥とSareee。結局、場外リングアウトを迎え、ドローとなった。この結果にアジャが激怒する。

アジャ「やめろー! 何、やってんだ。テメーら。やるならリングの上でやればいいだろ。世志琥! 言ったろ。オレと組んで、あんなバカに付き合えと教えたわけじゃねーぞ!(Sareeeに向かって)テメーもテメーだ、コノヤロー! タッグマッチやってんだよ、こっちは。世志琥しか目に入ってないのかもしれないけどな、舐めるのもいい加減にしろ! テメーはよ、何も変わってない、このクソガキが! プロならプロらしくプロレスで勝負しろ! 世志琥、お前もシングルで蹴りつけろや。ただし、言っておくぞ。プロならプロらしく、見てるお客さん全員が納得する、シングルを見せろ! タッグを組んでやってるオレや松本に失礼なんだよ。次、やるなら勝手だが、やるとしてキッチリしたものが見せられるのか!」

Sareee「見せられるよ!」

アジャ「お前の言葉には説得ねーけどな。世志琥、いいか。あんなのに構ってる時間はねーんだよ、ウチらに。キッチリ格の差見せて、プロとしてどっちが上か見せてやれや」

世志琥「シングルだって何だってやってやる。どうせテメーはウチには勝てないんだよ。シングルでやりたい? お前、吐いたツバ飲み込むんじゃねーぞ。テメーのせいでよ、アジャ・コングに怒られただろうがよ! オメーには倍にしてシングルで返してやるからな!」

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年02月03日

第三試合

2017年1月26日 後楽園ホール 第三試合 ~First High Speed 2017~ハイスピードタッグマッチ(20分1本勝負)
○藤本つかさ&小林香萌(6分47秒、体固め)

※ビーナスシュート
つくし&桃野美桜●

 

IMG_2907

 

 

 

IMG_2905 IMG_2904【試合リポート】
昨年の12・21後楽園大会でハイスピード挑戦を直訴したMarvelousの桃野美桜がハイスピードに初参戦。戦前、南月たいようレフェリーからは藤本つかさを倒すための“秘策”とやらを伝授されたが……果たして、はじめてのハイスピードでどのような闘いを見せるのか!?

ゴングと同時につくし&桃野が一直線。いきなりハイスピードな丸め込み合戦が繰り広げられる。注目の桃野は、藤本をアームホイップで場外へ。入れ替わるように小林が出ていくと、高速ロープワークでかわしていく。だが、読みあいの結果、小林が桃野にドロップキック!

リングに戻った藤本が串刺し攻撃を狙うも、南月レフェリーが巻き添えに。確信犯の藤本はもう一発、狙ったが……健気な桃野が「やめろ!」と止めに入る。南月サイドにまわる桃野に照準をあわせた藤本はドロップキックの体勢。今度は南月レフェリーが「やめろ!」と盾となるが、藤本は躊躇せずに南月レフェリーにお見舞いする。

だが、その藤本が孤立する展開となり、前屈みの藤本をつくし、桃野が馬跳び。パートナーの小林までも参加していく。

つくしvs小林の場面に移り、つくしがウラカンラナで丸めるが、藤本がレフェリーのカウントを妨害。そして延髄斬りを南月レフェリーにクリーンヒットさせる。そのあと小林がつくしをカバーするも、南月レフェリーがカウントできず。だが、攻守が入れ替わり、桃野がダイビング・クロスボディーを放つと南月レフェリーは高速カウントで復活!

イライラを募らせる藤本は、桃野にビーナスシュートを狙うが、これを桃野が逆さ押さえ込み。そして、ロープワークからのカバーを繰り返し、スクールボーイでカウント2。攻め込まれる藤本だったが、このピンチを切り抜けると、今度こそはのビーナスシュートで桃野から3カウントを奪ってみせた。

試合後、藤本は「おい、桃野美桜! 現実はこんなもんだ。でもな、なかなかやるじゃん。ハイスピード、これから私が教えてやろうか?」とマイク。するとつくしがドロップキック。つくしがマイクを握るも、さらに桃野が奪い、「南月さん、すみません。でも、もう少しで勝てると思うんです。でも、そのもう少しが……。年齢でも勝ってるし、体力でも負けてないけど、あともう少しがわからないので、これからもっともっとハイスピードの世界、教えてください」と懇願。

南月レフェリーは「桃野、今日は本当にあともう少し! 勝てたのに……。これからもっと一緒に特訓して、あの悪魔を倒そう、なっ! つくしも一緒にSEAdLINNNGをハイスピードの世界にするぞ。エイ、エイ、オー!」と3人で退場。すると小林も藤本を裏切りハイスピード組についていった。今後のハイスピード戦線、いったいどうなる!?

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年02月03日

第二試合

 

 

2016年1月26日後楽園ホール 第二試合 ~Wonderful Fire!~(20分1本勝負)
豊田真奈美&○水波綾(11分7秒、片エビ固め)

※ダイビング・ギロチンドロップ
雪妃真矢●&ビッグバン・ニコル

 

IMG_2910

 

 

IMG_2912IMG_2908【試合リポート】
昨年末、雪妃真矢の七番勝負・最後の相手を高橋奈七永が務めたことで、今回、雪妃のSEAdLINNNG初参戦が決定。ビッグバン・ニコルとの異色タッグを組むことに。対峙するのは、現在三冠王で2016年は大活躍だったWAVEの水波綾と、誰もが知る女子プロレス界のクイーン・豊田真奈美の強力タッグだ。

試合は、水波vs雪妃でスタート。早速、雪妃がサッカーボールキックで仕掛けると、水波がエルボーですぐに呼応。豪快なショルダータックルをお見舞いしていく。雪妃の劣勢に、パートナーのニコルが助けに入りダブルの攻撃。クローズラインを狙うも、水波がかいくぐると、豊田がニコル&雪妃にミサイル発射!

急造タッグながら息のあったところをみせた水波&豊田は、ダブルのナルシストラリアット! これで勢いに乗った豊田がミサイル発射。そしてローリングクレイドルでカウント2。ジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックス・ホールドを狙ったが……。

雪妃がなんとか回避すると、ニコルが挽回。豊田&水波に両腕ラリアットを放つ。豊田のムーンサルトプレスもかわしたニコルはロープに走るも、これはエプロンの水波がキックで妨害する。

今度はその水波vsニコルの肉弾戦へ。水波がラリアットで突っ込むが、かいくぐったニコルがDDT。すぐさま雪妃がキックで追撃していく。ニコルの助けも借りながらキックで追い込む雪妃。ならば豊田も水波の援護射撃。最後はその水波がダイビング・ギロチンドロップを投下させて試合を終わらせた。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年02月03日

第一試合

 

2017年1月26日後楽園ホール 第一試合 ~Powerful Starting!~(20分1本勝負)
○山下りな7分49秒
片エビ固め
※引き込み式ラリアット
アレックス・リー●

 

IMG_2914

IMG_2913【試合リポート】
SEAdLINNNG準レギュラーの山下りなと、今回が初参戦となるボスニア出身のアレックス・リーのシングル対決。どちらもパワーファイターだけに激しい闘いは必至だ。

スタートこそ様子を見る展開が続いたが、ショルダータックル合戦がはじまると、ヒートアップ。先に山下がぶっ倒して、ブレーンバスターを予告するが、逆にアレックスが敢行してみせる。

負けてはいられないとばかりに山下も延髄へのランニングニーでやり返すと、サソリ固めへ。これをブレイクしたアレックスは、ワキ固めで反撃。そして串刺しニーアタック、ダブルアーム・スープレックス、フィッシャーマン・スープレックス・ホールドにつなげていく。

山下もカウンターのラリアットで流れを変えると、強烈なトラースキック! すぐにカバーするもニアロープ。アレックスもカウンターキックからネックハンギングを狙うが、回避した山下が、引き込み式ラリアットでパワー対決を制した。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年02月03日

オープニング

オープニング
「SEAdLINNNG~INTEGRAL-d~」

 

IMG_2917

IMG_2915

 

◎オープニング
2017年、SEAdLINNNG初の大会が後楽園ホールにて開催され、いつものように高橋奈七永、世志琥、南月たいようレフェリーがリングに勢揃いした。

奈七永「みなさーん、こんばんはー! 最初から熱く盛り上がってくれてありがとうございます。2017年のSEAdLINNNG本日がはじまりです。熱い闘いをどんどん届けていけるように頑張っていきますので、みなさんも熱くなって帰って下さい、パッション! 今日、私は中島安里紗とシングルを行います。絶対やっつけます。高橋奈七永という山があるならば、その山は簡単に越えさせない。それが山の務めだと思っています。最後まで女子プロレスの熱を感じてワクワクできるSEAdLINNNGをお見せできるように頑張りますので、よろしくお願いします」

南月「本日もご来場、誠にありがとうございます。女子プロレスラーの強さを求めて、突き抜けていきたいと思いますので今年もよろしくお願いします。そして6周年記念試合を控えている世志琥にも一言」

世志琥「みなさんこんばんは世志琥です。先日6周年を迎えました! 今日は7年目一発目の試合、世志琥という山があるならばその山には登らせないので、7年目の世志琥様からも目を放すんじゃねーぞ。そこんとこヨロシク」

そして恒例の「Let’s get d!!!」で大会をスタートさせた。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木