contact

カテゴリー

2017年07月20日

第三試合

 

 

 

DSC_0094 DSC_0206 DSC_0126

3、高橋奈七永デビュー21周年特別試合・時間差8人タッグマッチ(21分無制限勝負)

高橋奈七永&世志琥&中島安里紗&Sareee(1-1)豊田真奈美&渡辺智子&彩羽匠&山下りな

※入場順=豊田、奈七永、渡辺、世志琥、彩羽、中島、山下、Sareee

①○奈七永(17分30秒、片エビ固め)渡辺●

※冷蔵庫爆弾

②○彩羽(18分15秒、エビ固め)奈七永●

※フライング・ニールキック

 

 

 


DSC_0310
DSC_0262

DSC_0424 DSC_0427
DSC_0386

 

 

【リポート】

1996年7月14日に高橋奈七永がデビューして丸21年。特別マッチとして奈七永が対戦相手に選んだのは、全女時代の“お母さん”と慕う豊田真奈美、最後の全女メンバーであり、かつてWWWA世界タッグ王座を一緒に巻いた渡辺智子、スターダム時代の後輩・彩羽匠、SEAdLINNNGを立ち上げ、他団体ながら刺激を受けた山下りなの4選手。奈七永に縁のある選手ばかりが出揃った。そして、奈七永の隣には、世志琥、中島安里紗、Sareeeが並ぶ。なお、SEAdLINNNGの4選手が同じリングに勢揃いするのは今回が初となる。

 

試合は特別ルールが採用され、1対1からスタートし試合開始3分後に1選手が追加、以後2分毎に1選手ずつが登場する時間差タッグマッチ。敗れた選手は退場とはならず、試合時間が終了した時点で勝利数の多いチームの勝利となる。オーバー・ザ・トップロープでの失格はなし。登場順は、会場スクリーンにより発表されることがアナウンスされた。

スタートは豊田vs奈七永。奈七永はファンに「お母さん」コールを要求。そして、逆水平チョップを放っていく。雪崩式ブレーンバスターに繋げるもカウント2。冷蔵庫爆弾は豊田がかわして、股裂きへ。あっという間に3分が経過し、2番手として渡辺が登場。

1vs2の不利な状況の奈七永。そんな奈七永を救ったのはSEAdLINNNG2番手の世志琥だった。世志琥は渡辺とにらみ合うと、ヤンキー

座りでご挨拶。ラリアットの打ち合いで沸かせる。

3番手は彩羽→中島。中島は捕獲された奈七永にミサイル弾。手荒い手段で救出すると世志琥とのクローズラインを敢行。これを渡辺がかわすと、すぐさま豊田が中島&渡辺にミサイル発射。すると彩羽が世志琥を、渡辺が奈七永を逆片エビに捕獲。そのまわりを豊田が中島にローリングクレイドルで回していく。

そこに4番手の山下が入場。奈七永vs山下でラリアットのラリー。奈七永のジャンピング延髄をかわした山下がスライディングラリアット。後頭部へのニーをお見舞いする。最後の入場者・Sareeeが加わりようやく8人タッグマッチとなる。

残り6分のなか、両チームポイントなし。山下のラリアットは渡辺に誤爆。このチャンスにSEAdLINNNG勢が渡辺に四面楚歌攻撃。渡辺は、豊田のムーンサルトを挟んでスクリュードライバーでカウント2。奈七永もジャンピング延髄を放つと、世志琥のダイビング・ギロチンドロップのアシストから冷蔵庫爆弾に繋げて渡辺から1本先取。

試合が続行され、彩羽が奈七永にスクールボーイ。これはカウント2。すぐさまニールキックを放った彩羽が奈七永から3カウント! すかさず世志琥が出ていき、彩羽&山下に両腕ラリアットをお見舞い。

残り2分からは8選手が入り乱れての大混戦。だが、両チームとも決め手に欠きドローとなった。

 

 

 

 

 

 

 

◎試合後のマイク

彩羽「奈七永さん、21周年おめでとうございます。プロレス人生ではじめて奈七永さんに勝つことが出来ました。でも、奈七永さんは、高橋奈七永はまだまだこんなもんじゃない。もっと強い。自分は正々堂々と高橋奈七永と闘いたい。でも、今日は奈七永さんに勝ったんで言いたいことは言わせてもらいます。これからは自分たちこの世代がプロレス界を引っ張っていきます。そして、Marvelousは彩羽匠だけじゃないってことを忘れないでください。奈七永21年間、お疲れさまでした。すみません、あとは豊田選手お願いします」

 

豊田「ナナちゃん、21歳の誕生日おめでとう。あれから21年経つんだね。最後の付き人やってくれて、色んな想いがこみ上げてきたんだけど、11月3日に引退します。8月6日、OZの川口で最後のシングルよろしくお願いします」

 

奈七永「お母さんありがとうございました。今日は匠に取られて……(SEAdLINNNG勢がみなリング下に降りている状況を見て)なんで下にいるの? 中島はいないの? これがSEAdLINNNGじゃねーのかよ! でも、今日は21歳の誕生日で豊田さん、渡辺さん、彩羽匠、山下りな、この4人とSEAdLINNNG勢がこんな熱い試合ができるんだと、自分自身熱くなりました。あともう1試合あると思うと大変だなって思うけど、今日はありがとうございました。後楽園もっともっと熱くなってきていきますので、みんな付いて来てくださいね!」

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年07月19日

第二試合

 

 

DSC_0969 DSC_0967 DSC_0039 DSC_0035 DSC_0005 DSC_0943

 

 

 

 

2、ハイスピード3WAYマッチ~to blow through High speed!~

○つくし(7分8秒、ハルカゼ)長崎まるこ●

※もう1人は小林香萌

【リポート】

南月たいようレフェリーが裁くハイスピード3WAYマッチに南月軍のつくし、メキシコ帰りの小林香萌、そして猛スピードを掲げる長崎まる子が参戦! 南月vs藤本の代理戦争的な意味合いもあるなか、小林はどちらに付くのか!?  勝敗の鍵を握る小林の動きにも注目が集まる。

 

試合前、南月レフェリー&つくしは小林を南月軍に取り込もうとする。小林は握手で応じるも、南月がゴングを要請しにいった隙につくしが小林にガットショット! 早速、小林を場外に送り込むと、自分が試合を決めるとばかりにまる子にカサドーラからのフットスタンプ。これは寸前でまる子もかわしていく。

そこに小林が合流。すっかり騙された格好となった小林は、まる子に「悪いのはコイツ(つくし)です」と告げられると、まる子と共闘路線を敷く。リレー方式でつくしをカバーにいくが、ここがハイスピードルールの落とし穴!? 通常のカバーはロープを一往復しないといけないため、スタミナだけが消耗することに。

これで命拾いしたつくしは、南月レフェリーが見ていないところでは小悪魔モード、見ているところではか弱いエンジェルぶりを発揮。うっかり南月レフェリーに見られても、今度は「コイツ(藤本)にやれって言われましたーーー」とセコンドの藤本のせいにしてピンチを切り抜けていく。

試合は続き、まる子が小林にミサイル発射! これをつくしが身代わりとなって受ける。その行為にすっかり気を許してしまった小林。つくしとの共闘を再び選択するも、コーナーに登っている間に、つくしがまる子をハルカゼで丸めて試合終了……。最初から最後まで小悪魔つくしに翻弄されてしまった。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年07月19日

第一試合

DSC_0808 DSC_0791 DSC_0833 DSC_0870

 

 

 

1、~OPENING FLASH~(15分1本勝負)

○水波綾(10分25秒、片エビ固め)藤田あかね●

※ダイビング・ギロチンドロップ

 

【リポート】

パワーファイトを得意とするWAVEの水波綾とアイスリボンの藤田あかねがシングルで激突。藤田は6・14仙台大会に出場予定だったが、ケガのため急きょ欠場。今回がはじめてのSEAdLINNNG参戦となる。

 

開始早々、ファンは「アニキ」コール。機嫌を損ねる藤田だったが、「あかね」コールをもらうとようやく試合へ。激しいショルダータックル合戦で主導権を握ったのは水波だった。キャメルクラッチで絞り上げると、ナルシストラリアットからコーナーに登っての「Lets get d!」。

しかし、藤田もデッドリードライブのように切り返し、ショルダータックル返し。串刺しラリアット、ショルダースルーに繋げる。そして藤田もキャメルクラッチへ。ブレイクされるとロープに走るも、水波がカウンターのパワースラム。

ここからはエルボーのラリー、ラリアットの打ち合いと激しくぶつかり合うも、水波がイチジクで捕獲。ブレイクされるとスピアへ。最後はラリアットからのダイビング・ギロチンドロップでトドメ。オープニングファイトにふさわしい熱いファイトで大会を盛りあげた。

 

試合後、水波は「SEAdLINNNGにお越しのみなさん、プロレスリングWAVEの水波綾です。8月12日、WAVE大田区大会を皮切りに、今日メインで出てくるベストフレンズとの3本勝負が決まっております。2戦目となるSEAdLINNNG8・24後楽園大会に、自分はもっと熱くなるパートナー大畠美咲とでSEAdLINNNGに参ります。この3本勝負で今が旬なこの世代。いや今が旬なAvidRival(アビッドリバル)、いや! 今が旬な水波綾が、この夏を熱く盛りあげていきますんで、目を離さないでくださいね。以上!」とマイク。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年07月19日

オープニング

DSC_0448 IMG_3229

 

 

◎オープニング

高橋奈七永の21回目のデビュー記念日となる今大会。オープニングテーマに乗ってSEAdLINNNG勢が登場し、挨拶をおこなった。

 

南月「みなさーんこんばんはー! 本日はSEAdLINNNG後楽園大会にご来場いただきまして誠にありがとうございます。この日本の熱さに負けないくらいの熱い熱い女子プロレスをお届けしますので、最後まで応援よろしくお願いします」

 

中島「みなさんこんばんはー! お暑いなかお集まりいただきありがとうございます。中島安里サマー、藤本つかサマー! ということで……。ベストフレンズがトビウオになってこの夏を制したいと思います。よろしくお願いしまーす」

 

世志琥「みなさんこんばんはーーーー! 今日は2試合あるんですけれども、とにかく下田ババアに一発食らわせてやるんで、みんな見とけ。そこんとこ、よろしく」

 

Sareee「今日も全力で闘いに行くぞーーー! 以上です!!

 

奈七永「みなさん! みなさんのおかげで21回目の誕生日を迎えることができました。ありがとうございます。本日はSEAdLINNNG勢は2試合で、これぞSEAdLINNNGだという闘いをお見せしたいと思います。この4人の中での闘いになると思うんですけど、絶対私が一番! 絶対負けない! そういう気持ちで闘いますので、最後までみなさん! 熱く熱く盛り上がっていきましょうねー!」

 

そして、恒例の「Lets get d!」で大会をスタートさせた。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年06月24日

第四試合・エンディング

DSC01743 DSC02219 DSC02067

DSC02375

◆第4試合 タッグマッチ30分1本勝負
○中島安里紗&藤本つかさ vs Sareee●&水波綾
(19分53秒 変形ラ・マヒストラル)

 

メインイベントはベストフレンズとSareee&水波綾のタッグ対決。気迫で立ち向かうSareeeは、数回に渡ってトライしたSareeeスープレックスを完封されながらも裏投げやカウンターのローリングソバットを発射していく。しかし試合時間が20分に届くところで藤本つかさのビーナスシュートが炸裂。すかさず中島安里紗が丸め込んで決着がついた。

 

 

★メインイベント後のマイク

DSC02402

中島「ベストフレンズ、今日も思い切りプロレスやりました!! 今日はどうでしたか?(会場からの歓声に)これからもベストフレンズにしかできない試合、そして中島安里紗にしかできない試合をやっていきますので、これからも応援よろしくお願いします!」
藤本「毎回毎回、仙台で試合するたびに“またいつか必ず試合しに来ます”って言ってるんですけど、毎月来てしまってすいません(笑)。でも仙台=藤本つかさっていうふうに、だんだん定着してきている気がするので、次は仙台=ベストフレンズで定着させたいと思います!」
Sareee「今日負けたこと、メチャクチャ悔しいよ。でも、それはまた今度。仙台の皆さん、自分はこれからどんどん自分の価値を上げていきたいです。そして今度、いつまた仙台に来るかわからないけど…ここに来た時はビックリするぐらい成長して帰ってきます! だから、その時はシードリングを、そしてSareeeを絶対見に来てください!(会場から拍手)今日はありがとうございました!」
中島「高橋奈七永! ベストフレンズがシードリングのメインで2連勝ということで、何か言いたいことはありますか?」

 

DSC02516
奈七永「今日も勝利ということで、おめでとうございます。素晴らしいですよ、勢いが。Sareeeも、水波も。こういうすごい元気な! イキのいいプロレス! 初のシードリングの仙台大会で行なわれたっていうことが私はホントに嬉しいと思います! どうですか~っ!! この熱があれば何でもできる!(ほかの選手たちに)元気ですか~っ!? シードリングはここ仙台に帰ってくるぞ~っ!! いくぞ! 1、2、3、d~っ!!」

各選手のコメント

DSC02587

★ベストフレンズ
藤本「1番お客さんが見たかったであろう、そして私自身も見たかったSareeeちゃんのスープレックスが全然…私たちが打たせなかったっていうのがあるんですけど、それがちょっと嬉しくもあり少し残念でもあり…」
中島「でも、これからどんどん当たってく機会も増えると思うので。やっぱり自分たちもおもしろいと思うし、お客さんもおもしろいと思ってると思う。次! 次! 次!…ってどんどん上がっていければいいなって思います。より叩きつぶさないといけないですね」
藤本「そうですね。Sareeeちゃん、いいですね」
中島「あの勢いは、1回ちょっと痛い目にあわせないといけないかなと思うので(苦笑)」
藤本「次は秒殺で(笑)」
中島「はい。ベストフレンズはもっともっと高い位置へ上がっていかなきゃいけないので」
藤本「奈七永さんが最近ね、団体のトップになったからか遠慮気味で。悪くはないんですけど2本目とか、若手に譲ってる。その気持ちは私自身も同じ立場なのでわかるんですけども、外敵としては高橋奈七永がメインで私は闘いたいっていう気持ちもありますね」

DSC02594

★Sareee
「悔しいですよね、そりゃ。丸め込みで取られると思わなかったからすごい悔しい。でも今日こうやって仙台に久しぶりに来て、いま自分がいる団体で試合ができたことがすごく嬉しいし、仙台に応援してくれてる人いっぱいいるので。次、来た時にはもっともっと自分の価値を上げてって、もっとビックリさせるぐらい成長して帰ってきたいと思います」
━━他団体でのリーグ戦が終わって、次の目標は?
「そうですね。もう目標はいつも一緒なんですけど、強くなることしか自分の中になくて。女子プロ界のど真ん中に行って、頂点に…さっさと登りつめてやりたい気持ちでいつも闘ってます」

 

 

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木