contact

カテゴリー

2017年12月15日

第四試合

4、What is the best?(30分1本勝負)

△中島安里紗(時間切れ引き分け)藤本つかさ△

 

 

【リポート】

アイスリボン10・9両国での誤爆をきっかけに歯車が狂いはじめたベストフレンズ。その関係は修復するどころか、SEAd11・22新木場で決裂。これまでも闘うことで絆を深めてきた中島と藤本。今回の一騎打ちの先に待ち受けているのは?

 

握手を求める藤本の手を払った中島。すぐに藤本も張り返してそのまま場外へ。中島は客席に藤本を突っ込ませると、リング下から掛け階段を持ち出す。これは南月が止めに入る。スタートから激しい展開。

 

リングに戻るとグラウンドの攻防。さらに張り手の応酬や、サッカーボールキックの打ち合いなど、意地を張り合う中島と藤本。顔面蹴りも普通に繰り出す中島。藤本を場外に蹴り落とすと、藤本も口に含んだ水を中島に噴射させる。

 

中島はエプロンDDTを放つと、そのまま南側客席へ。エルボーの打ち合いから、ジャーマンを狙うが、藤本が回転エビ固めで切り返す。逆に藤本がPKでお返しする。

 

リングに戻った藤本は顔面ウォッシュ。中島も張り手でやり返すと、ヒザ蹴りからジンジャー。そしてジャーマンを連発していく。さらにブラ下がりフットスタンプ。ダイビング・フットスタンプでカウント2。だが、ムーンサルトプレスは藤本が迎撃する。

 

攻勢に転じた藤本の串刺し低空ドロップキック、ミサイルキック4連発はカウント2。すぐにクロスフェース→極楽固めで捕獲する。耐えられると、インフィニティでカウント2。ビーナスシュートやツカドーラを狙う。JOサイクロンスープレックスを予告するも、着地した中島。もう一度JOサイクロンにくが、これを切り返した中島がマヒストラルでカウント2。

 

得意技を次から次へと繰り出し、勝利をたぐりよせようとする藤本だったが、つっかちゃん★ボムも中島が堪えて逆にドラゴン・スープレックス・ホールドへ。中島のムーンサルトプレスもカウント2止まり。中島のD×Dは不発に終わるも、ほぼ得意技を出し尽くした状態。2人は手を掴んだだままエルボーで打ち合う。最後は中島のジャーマン、藤本のJOサイクロンが決まったところで時間切れのゴング。

 

試合後、中島のほうからたぐり寄せるように藤本と抱擁。手を繋いだまま一緒に控室へと戻っていった。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木