contact

カテゴリー

2017年08月26日

8.24 第四試合結果詳細

DSC_0870
DSC_0602DSC_0652

IMG_4337dream come true!~TLCルール(20分1本勝負)

○高橋奈七永(13分34秒、エビ固め)ザ・グレート・サスケ●

※ラダーの上へのイクボム

 

 

 

【リポート】

SEAdLINNNG2周年記念試合として、南月たいよう専務がブッキングしたのは……“ムーの太陽”のマスター、ザ・グレート・サスケだった。しかも、TLCマッチという、テーブル、ラダー、イスの使用がOKとされる特別ルール。奈七永は2016年の1016新宿大会で一度、TLCを経験しているものの、今回の相手は一筋縄でいくわけがない。“ラダー使い”の名手であるサスケを前に、奈七永はどんな闘いを挑むのか!

ゴングと同時に奈七永コールが沸き起こり、グラウンドに持ち込んだ奈七永がヒザ十字へ。ブレイクしたサスケが早速テーブルの前にイス、ラダーをコーナー前にセット。奈七永を放り込もうとするも、逆にサスケがぶっ込まれる。

しかし、サスケもニークラッシャーで流れを変えると、今度はイスを山積みに。その上にフライングメイヤーで落としていく。さらにサスケはラダーを持ってコーナーへ。しかし奈七永にラダーごと落とされ、未遂に終わる。

今度は奈七永がラダーを担ぐ。サスケのイス攻撃をモグラ叩きの要領でかわすと、ラダーコプターでサスケをヒット。すかさずコーナーに登るも、サスケが追いつきイス山への雪崩式ブレーンバスター!

攻守が入れ替わり、サスケがイスをコーナーにセットする。そこに奈七永を叩き付けたあと、サスケはテーブル、イス、ラダーを次々と組み立てる。よくわからないピラミッドのなかラダーに登るサスケ。一体どんな攻撃を仕掛けてくるのか!?と注目を集めるも、あっさり奈七永がガットショットで回避してみせる。

反撃に転じた奈七永はサスケの首にイスを引っかけると、ドロップキック。イス山へのJOクインビーボムを狙うが、これは未遂に。逆にサスケが奈七永をイス山の上に投下する。10分経過。サスケは再びイスをリング内にセットすると、イスの上に奈七永を仰向けに。急いでコーナーに登るも奈七永が起き上がりパワーボムで引っぺがす。このチャンスに奈七永はラダーからの冷蔵庫爆弾を投下。さらに、ラダーの上へのイクボムで奈七永がサスケからまさかの3カウント!

 

 DSC_0967

 ◎バックステージ

サスケ「ハァ、ハァ、ハァ……凄い……。凄い人がいました。ハァ、ハァ……高橋奈七永選手。しかし、私の目に狂いがなかった。彼女こそリアルワンダーウーマン。凄い。現代女子プロレス界において最強の戦士よ。こんな老いゆく私が勝てるわけがない。しかし、あの強さ、私はほっとけない。必ず! 奈七永さんを“ムーの太陽”に勧誘します。そして、私の頼もしいパートナーになってもらいたいですね。ただし、そのためには一つ条件があります! 高橋奈七永さんには“ムーの太陽”に入ってもらう、その条件として、毎週木曜日夜10時からフジテレビで放送の『セシルのもくろみ』、これを必ず第1話から最終回までちゃんと毎週毎週見るように! わかりましたか。それが課題です!!

 

そこに奈七永が現れる。

奈七永「サスケさん! サスケさん、ありがとうございました」

 

サスケ「アナタは凄い。私の目に狂いはなかった。アナタこそリアルワンダーウーマン。アナタこそ最強の女子選手。間違いない。ぜひ“ムーの太陽”に入ってくださいぃぃぃ」

 

奈七永「えっ?」

 

サスケ「私と一緒に地球の平和を守りましょう!」

 

奈七永「地球の平和ですか!? 地球の平和! 地球の平和というか、地球を私はパッションに染めたいと思ってて、それはすなわち平和っていう意味なんですよ!」

 

サスケ「よし! 目的は一緒だ」

 

奈七永「おっ!?

 

サスケ「パッションだ!」

 

奈七永「目的は一緒だ、パッションだ!」

 

サスケ「パッションだ、宇宙大戦争パッションだ!」

 

奈七永「宇宙大戦争パッション×2!」

 

サスケ「まずは『セシルのもくろみ』、毎週ちゃんと見るように。そして、これから救済活動に我々は入ります。私は昨年末に引き続き、佐村河内守さんを救済します。そして、奈七永さん、アナタは今、不条理なバッシングを受けている……」

 

奈七永「真木よう子さんですか?」

 

サスケ「真木よう子さんを救済してください」

 

奈七永「わかりました!」

 

サスケ「神のご加護を! こぉぉぉぉー」

 

サスケが引き揚げる。

 

奈七永「よくわからない、本当に……。いや、凄い! 私の夢が叶った。私がサスケさんと試合がしたいとずっと思っていて、それがSEAdLINNNG旗揚げの前から思っていて、なんなら旗揚げ戦でお願いしようかと思っていたぐらい、そんな憧れの選手でした。その選手からああいう言葉がいただけるとはさすが、さすがです。さすがザ・マスター。私は今日から“ムーの太陽”入りでいいんですか?」

 

——『セシルのもくろみ』を毎週見るのが条件のようですが。

奈七永「条件ですか。じゃあ、もう今日帰ります。ダメか。それはできない。じゃあ録画、誰かDVDください」

 

——現状は見ていないんですか?

奈七永「見てないです。『セシルのもくろみ』が何かも知らなかった。ご存じ?」

 

——視聴率があまり芳しくないドラマです。

奈七永「でも私は真木よう子さんを救出? 救済? するという凄く重要な任務を受けたので、ちょっと…でも、宇宙ですね、やっぱ。広がりました。この今日は後楽園ホールにいたけれども、私たちは宇宙にいたんですよ。この結果です。宇宙にいるっていうことの結果が、コレですよ。さすがザ・グレート・サスケは、本当にグレート。私も認められたということでザ・グレート・ナナエを名乗れるんじゃないか、と思います」

 

——しかも勝利したが。

奈七永「凄いっしょ!? 信じられないっしょ!? だから全部それも宇宙の恵みですよね。こんな小さなことで悩むんじゃなくて、今日だって後楽園ホール、決して満員とは言えないけども、それは宇宙の中のこんな、こんなちょっとのことなんで、日々こういう熱い闘い、そしてパッション、宇宙大戦争パッションというものを続けていくことが大事で、私は諦めなければ夢は叶うということを、今日身をもって皆さんにもお見せすることができたと思うので、もっと大きな宇宙の高橋奈七永になります。ありがとうございました。神のご加護を。こぉぉぉぉーーーーーー」

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木