contact

カテゴリー

2017年03月21日

第四試合

IMG_5350IMG_5356
IMG_5359

IMG_5362


IMG_5365

IMG_5363

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4、Astronomical battle(30分1本勝負)

高橋奈七永&○中島安里紗(26分17秒、D×D)水波綾&松本浩代●

【リポート】

126後楽園大会で電撃入団を決めた中島安里紗のSEAdLINNNG初試合。記念すべき初戦のパートナーを買って出たのは高橋奈七永だった。これまで対峙してきた両者による初タッグ。どんなチームワークになるのかは予測不可能ではあったが、相手はRegina di WAVEの水波綾と、OZ認定無差別級王者の松本浩代という強豪チーム。このメンバーが揃って、熱い試合にならないわけがなかった。

 

試合は中島vs松本、奈七永vs水波での顔合わせでスタートする。4選手の一挙手一投足に注目が集まり、緊張感がファンにも伝わるなか、抜け出したのは松本だった。中島を逆片エビ固めでグイグイと絞り上げると、見かねた奈七永がカットに入る。だが、ここは水波がアルゼンチンバックブリーカーで奈七永を阻止。たまらず場外に逃れた奈七永に、松本は中島を投下する!

 

ファンの驚嘆の声を力に変えた水波&松本組は、一気に主導権を握る。劣勢の中島だったが、スリングブレイドを水波に放って、ようやく奈七永と交代する。

 

奈七永は松本&水波にフェースクラッシャー。対角コーナーに2人を据えて串刺しラリアットで往復していく。そしてダブルの攻撃を予告するが……これは水波が阻止。ならばと中島のチンクラッシャーから奈七永がスイング式スタナーをお見舞いする。心配された2人の連係だが、息はピッタリだ。

 

SEAdLINNNGに行きかけた流れを取り戻したのは水波だった。カウンターのフロントスープレックスで攻守を入れ換え、奈七永をロープにかけてギロチンドロップ。さらにはスピアで奈七永をコーナーまで吹っ飛ばすと、串刺しラリアット→裏投げ→ラリアットと波状攻撃。松本もミサイル弾で続き、奈七永にリバーススプラッシュ式ダブルニードロップを投下する。

 

だが、奈七永も松本への雪崩式ブレーンバスターで攻守逆転。中島の投げっぱなしジャーマンのアシストから冷蔵庫爆弾につなげるが、カウント2

 

続く中島が松本にジャーマンを連発。さらにブラ下がりフットスタンプ、ダイビング・フットスタンプで追撃する。エルボーのラリーとなり、中島がロープに走る。これを松本がカウンターのバックエルボー。そして、水波のダイビング・ギロチンを挟んでカウント2。旋回式ライガーボムも放ったが、これは奈七永が滑り込みカットする。

 

ならばと松本&水波は奈七永を場外へ。分断に成功するも中島が丸め込みを駆使して松本を追い込んでいく。そして、中島はダルマ式ジャーマン! 返されると、ドラゴンスープレックスの体勢に入るも、堪えられるとエルボーを挟んで敢行! これも返されると最後は、D×D! これが完璧に決まり、初陣で勝利を収めた。

 

  • IMG_5365
  • 試合後のマイク

中島「この大歓声。私にはわかります。この中島安里紗vs松本浩代、もっともっと見たいってことでよろしいですか? 松本、次のSEAdLINNNG、中島安里紗vs松本浩代、シングルでどうですか? どうですか!」

 

松本「中島、やってやるよ。だけど、私はアンタみたいにプロレス界で10年以上生きてきて一度も逃げたことない。意味わかるか? 私は一度だって逃げたことがない。お前はこれからずっと逃げるのか? 逃げないよな? 私はお前のそういうところが大嫌いだ。そして今日負けたこと、そんな自分も大嫌いだよ。だから今日の借り、きっちり次回のSEAdLINNNGでつけさせてもらう。そこで終わりだ」

 

中島「逃げようが何しようがな、強いものが勝つんだよ。私が勝った。だから私のほうが強い。次回、もう1回私が勝って、それキッチリ証明してやるよ。ありがとうございました」

 

  • ナナアリコメント

奈七永「ありがとうございました」

中島「ありがとうございました」

奈七永「素晴らしい。SEAdLINNNG、所属第一発目で勝利。ありがとうございました! カタリストじゃなくて…カスケード!」

中島「カタリストって…」

奈七永「(カタリストは)私のことです。カスケード…滝! 滝の女!」

中島「そうですね。滝の女としての第一歩だと思うので。SEAdLINNNGの滝になるって言いましたけど、女子プロレス界の、プロレス界の滝になっていきたいと思ってますね」

奈七永「それはいったいどういう意味なんですかね? 滝になる?」

中島「滝になる!」

奈七永「それはよくわからないですけど、滝は打たれるもの」

中島「打たれるものですが、私くらいになると自分自身が滝になるってうところだと思うので」

奈七永「滝になった結果が今日の勝利?」

中島「そうっすね」

奈七永「でも見てて本当同じ世代の3人の中に自分がいて、すごい勢いをリングの中で感じましたし、熱い気持ちをビシビシ、リング上で磁場が狂ってるような感覚を私は受けたので、その中でも自分が一番上に立っていたいと思ったんですけど、今日は中島が勝利ということで、ナナアリタッグは一歩先に行かれたのかなっていう気持ちもありますが…」

中島「アリナナタッグ」

奈七永「先を行くのね。じゃあ私は先を奪い返すぞ」

 

 

 

 

IMG_5366

 

——奈七永選手と同じ団体の同じ横にいるパートナーとして闘ってみて、違いみたいなものはありましたか?

中島「でも高橋奈七永はどこにいようが高橋奈七永なので。やっぱり闘ってるのを見てても悔しかったり、やってるんだけど出ていきたいみたいな、前に前にっていう気持ちが連鎖して、そういうのが大きくなっていってるなっていうのはあります」

 

——連係攻撃などもありましたが、自分の中で息が合ってるとか?

奈七永「息合ってるんじゃないですか。結構もうぶっつけで結構、連係が決まる決まる。もうこれは息の合ってる証拠だよ」

中島「協調性を身につけました」

奈七永「まあ今日勝ったということで、じゃあ次回、松本浩代とシングル、いくんですね」

中島「やってやりたいと思います。シングルでキッチリ勝って実力の差というものを見せてやりたいと思います」

 

——逃げてるという言葉に対しては?

中島「まあ事実なので、そこをそうじゃないよって言う必要はないし、事実は変えようがないものなので、それをすべて受け止めて、今日勝ったっていうことはすべて含めて私が強いということだと思うので、逆に言うなら10年にあぐらをかいてるんじゃないよってことですね」

奈七永「腹の据わり方がすごいよね。気持ちが強い。この勢いでSEAdLINNNGというリングで熱いものがどんどん生まれればいいと思います」

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木