contact

カテゴリー

2017年07月20日

メイン・エンディング

 

DSC_0052 DSC_0062 DSC_0155 DSC_0212 DSC_0399 DSC_0317

 

5、~BLACKJACK!~(30分1本勝負)

高橋奈七永&○Sareee(18分47秒、首固め)中島安里紗●&藤本つかさ

【リポート】

メインイベントは、5・5横浜大会で行われた同一カード。前回、Sareeeに勝利した中島は「ボロボロになっても、私が勝ちました。だからプロレスが大好き」とマイク。これに対して奈七永は「プロレスは負けてから始まるんだろ。だからお前のプロレスは薄っぺらい」と痛烈批判。奈七永vs中島が激しくぶつかり合うことは必死だが、ベストフレンズを相手に連敗を喫しているSareeeの巻き返しにも期待が高まる。

 

選手コールが終わるないなや仕掛けたのはベストフレンズ。奈七永はガウンのまま中島と張り手のラリー。波乱の幕開けとなる。続くSareeeがフットスタンプを連発。しかし中島もドロップキックでやり返し、藤本vsSareeeへ。

藤本はSareeeが眼中にないようだが、Sareeeは意地でも下がらず。ドロップキックで藤本を黙らせ奈七永と交代する。奈七永のブレーンバスターはカウント2。中島にはサイドバスターをお見舞いする。

一方、ベストフレンズは流れるような攻撃。中島がスリングブレイドを放てば、藤本はサッカーボールキック。さらに中島がDDTに顔面ドロップキックをお見舞い。ダブルのフロントキックを放ったが、奈七永はこれをキャッチすると、2人にまとめてドラゴンスクリュー!

一進一退の攻防が続くなか、奈七永がカウンターのアッパーからコーナーに登るが、藤本が追いつきアームドラッグ。すかさず中島がミサイルを発射させる。奈七永もお返しのラリアットを見舞うと、中島もすぐにぶっこ抜きジャーマン! ならばと藤本がビーナスシュートを狙うが、奈七永もかわして、ベストフレンズにラリアット2連発。

続くSareeeのダイビング・フットスタンプはカウント2。馬乗りパンチからSareeeが腕十字へ。ブレイクした中島がキューティースペシャルでカウント2。Sareeeもジャックナイフで飛び込むが、これはカウント2。奈七永のラリアットから、Sareeeが押さえ込むもカウント2止まり。すぐさまダイビング・ボディープレスを投下するSareeeだったが、これは中島が剣山。

今度は中島がダイビング・フットスタンプを投下。Sareeeの裏投げ、奈七永のバックドロップの競演からSareeeがもう一発、中島に裏投げ。Sareeeスープレックスを狙うが、これは藤本がカット。ビーナスシュートでアシストしようとするが、運悪く中島に誤爆。このチャンスを見逃さなかったSareeeが中島を丸め込み、2連敗を喫しているベストフレンズにリベンジを果たした。

 

 DSC_0600
DSC_0627 DSC_0611 DSC_0607

 

◎エンディング①/大畠乱入、ベスフレを塩焼き予告

Sareeeの勝利に沸く後楽園。そこに現れたのはWAVEの大畠美咲だった。

 

大畠「あれあれあれあれ? トビウオになりたいベストフレンズのお二人さん、早速、後輩のSareeeちゃんに負けちゃってるじゃん。ちょー、ウケる。ということで水波のパートナー大畠美咲です」

 

奈七永「おいお前さ、Sareeeがいま勝ってこれからワーって盛り上がろうとね!ってしてたときにねっ! 空気よめねーのかよ、バーカ。いま、紙テープとか飛ぶところ! しかも今日はみなさん、私の誕生日を祝いに来てるんですよ」

 

すると大畠は奈七永に裏拳。

 

大畠「うるせーな! 人がしゃべってんだから。オメーの周年なんてどうでもいいんだよ。これからの女子プロレス界は今が旬なウチらの世代が盛りあげて行くから、そこで黙って見とけ! さぁさぁさぁ、トビウオのように淡泊でつまらないベストフレンズさん、これからの3番勝負で私と水波のAvidRivalがおいしい塩焼きに調理してあげるから、鱗の処理でもして待っててねー。(会場からブーイングや野次が飛ぶなか、乱闘。止めに入った水波も熱くなって乱闘に加わる)文句あるヤツは試合見てから言え! まずは812WAVE大田区大会、楽しみにしてます。ねえ水波!」

 

水波「言っとくよ。こないだはじめてトビウオ食べたらおいしかったんだよねー! お腹すかせて待ってるぜー!」

 

ここでAvidRival退場。

 

藤本「『文句があるなら試合見て言え?』これが詰まんねー言葉なんだよ。やることが中途半端。塩かける? 塩かけるっていうのはよ、こうやんだよ(と奈七永に塩をぶっかける)。奈七永はな、一番悪いよ。お前が一番悪いよ」

 

奈七永「何がだよ!」

 

藤本「負けてからはじまる?そうだよ。負けてから今日はじまったよ、ベストフレンズ。この夏は、ベストフレンズざんまいにしてあげます。帰るよ、安里紗」

 

ベストフレンズが退場すると、Sareeeと奈七永コールが沸き起こる。

 

奈七永「しょっぱいです……。今、私のカラダはとてもしょっぱいけれど、高橋奈七永としてはまだまだしょっぱいレスラーにならねーぞ! 今日は2試合、彩羽にやられたり藤本にやられたりヨレヨレですわ。Sareee、ついに結果出したな。これからも、ね。いろいろアレなんで、Sareeeに任せたいと思います」

 

DSC_0724 DSC_0755

 

◎エンディング②/8・24後楽園大会で奈七永vsサスケのTLCマッチ決定!

そこに南月たいよう専務が現れる。

 

南月「奈七永さん、何、言っちゃってるんですか。『後輩に任せる』とかまだまだでしょうが。奈七永! 元気があれば!?

 

奈七永「(小声で)何でもできる……」

 

南月「38歳がなんだよ。年齢はただの数字っていつも言ってるじゃないです。21年目がなんだ。まだまだ山の頂上は上ですよ。8月24日、SEAdLINNNG2周年の記念の興行が後楽園ホールで行われます。SEAdLINNNG2周年、記念して、自分は奈七永さんの対戦相手を決めてきました。対戦相手はこの選手です」

 

スクリーンに映し出されたのはなんとザ・グレート・サスケだった!

南月「奈七永さん、やりたいって言ってましたよね。そして、ルールはこちらです」

 

そこにはTLCの文字。

 

南月「奈七永、やれるのか!」

 

奈七永「お前、また……。田中将斗選手の次に、凄いの用意してきましたね。みなさん知らないと思いますけど、私はサスケ選手とやるのが夢だったんですよ。いつもいつも夢を叶えてくれてありがと-! SEAdLINNNGってたくさん夢が叶うんですね。すばらしいですね。8月24日もパッションするんで、みなさん22年目もよろしくお願いします。それではSareee、最後締めてください!」

 

Sareee「やっとしゃべらせてくれるんですか! どんだけ待たせてんですか! 自分、勝ってるのに、今日。まあいいですよ。勝ちましたーーー! 彩羽匠もウチらの世代とか言ってたけど、こんなんじゃなくて、自分が引っ張っていくので、これからの女子プロレス。来月も、ここ後楽園でSEAdLINNNG大会あります。もっともっともっと熱いプロレス、やります! 絶対に! だからみんな家族とか友達とかいっぱい連れて見に来てください」

 

最後はSareeeの初「Lets get d!」で大会を締めた。

 

 DSC_0794 DSC_0853

 

◎ナナサリコメント

奈七永「はい、ありがとうございました!」

 

Sareee「ありがとうございました!」

 

奈七永「熱い! Sareee、一個結果を出しました。よかった、おめでとう!」

 

Sareee「ありがとうございます。もう、うれしいです。ずっと勝たなきゃ意味ないって言ってたけど、ずっと負けてきて。こうやって勝てて凄く嬉しいです。ありがとうございます」

 

奈七永「近くでSareeeのことを見てきてSEAdLINNNGに移籍してきて、4カ月経って、意欲が凄いオーラが凄い、どんどん増していくのを感じて、なので今日、私のデビュー記念日という節目の日に、隣に立つのはSareee。そして相手にいるのはベストフレンズ。これだなって思ったんですけど、21回目の誕生日で、若い世代にこうやってアピールされて、任せたい気持ちもありつつ、でも高橋奈七永は任せるって、きっと言っちゃいけない言葉なのかもしれないし……。凄いいろんな葛藤がありますが、そのなかでSEAdLINNNGという場で闘っていければいいと思いますので、これからもっともっと熱く激しく、Sareeeに負けないように頑張るからな」

 

Sareee「はい」

 

——来月、サスケさんと試合だが。いまのサスケさんはかなりやっかいな相手でもあるが?

奈七永「やっかいなんですか……」

 

——田中将斗よりかなりやっかいだと思うが。

奈七永「……ちょっと、なんとも言えないんですけど、また私のレスラーとしての引き出しが増やすことが出来るかどうかの闘いでもあると思うし、どんな闘いでもSEAdLINNNGの熱さを失わずにグレート・サスケを倒しにいきます。素敵な相手をありがとうっていう感じです」

 

——サスケにはどういういきさつで憧れがある?

奈七永「頭がぶっとんでいるところですね。ラダーをやっている試合を見てですね、自分のカラダもろとも突っ込む姿勢というものに、凄い共感を得て、七転び八起きじゃないですけど、自分の精神でもある、倒れるときは前のめりっていうものを体現している。ちょっとなんか表現の仕方は、違うところはあるのかもしれないけど、その姿勢にただただレスラーとしてすげーなって思ったことがきっかけで。やれたらいいなって思ってたけど、田中将斗選手の時もそうだったんですけど、でもやっぱりいま女子プロレスでたくさんやりたいことがあるなかで、自分では決めかねていたところを南月が決めてくるっていうところの怖さを感じますが、あと1カ月で作戦練って、サスケさんに負けない、キ○●イさを出しますよ! Sareeeは世代を引っ張るっていうのを最近言っているので、自分もその気持ちを汲んで、熱くするためにも考えたいなっていうふうには今日の大会で感じました」

——今日の勝利をきっかけに今後に向けて何かある?

Sareee「今後に向けて……自分たちの世代が、その中でも自分が引っ張って、世代交代というか、そろそろしたいし、意地でもさせなきゃいけないと思っています」

 

奈七永「今日、ベストフレンズに勝ったけど、ベストフレンズvsアビリバっていうのがさ……」

 

Sareee「その世代はもう終わっていますね。それじゃないです」

 

奈七永「8月に3連戦とかあるけど」

 

Sareee「今日負けてるし……。やる必要ないじゃないんですか?」

 

奈七永「怖いですね。でも結果出したからね。大変よろしいと思います。

 

Sareee「へへ。よかった。ありがとうございます。おめでとうございます」

 

奈七永「ありがとう! やっと言ってくれた」

 

Sareee「ははは」

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年07月20日

第四試合

 

 

 

DSC_0618 DSC_0657 DSC_0842 DSC_0706 DSC_0691DSC_0793

4、~exciting road~(20分1本勝負)

○世志琥(14分22秒、片エビ固め)下田美馬●

※ラリアット

【リポート】

今回、世志琥が対戦するのは、90年代の女子プロレスブームを作り上げたスター選手の一人・下田美馬。世志琥にとってはあまり対戦したことがないタイプだけに、どんな試合になるのか予想不可能ではあったが、大会前に行われた記者会見で状況は一変。下田は「私は全女魂なんて1回も思ったことがない」とこのカードを組んだ奈七永の意図を全否定。しかも会見の途中で退出し、それを追いかけた世志琥と乱闘騒ぎに……。まったく接点のなかった初シングルが一転して、刺激的なカードとなった。

 

開始早々、下田がネックブリーカードロップを連発。早速、タイガー・スープレックスの体勢に入るが、世志琥もコーナーに叩きつけて回避。顔面ウォッシュに繋げる。走り込んでの一発は下田もフロントキックで迎撃。すぐに世志琥も顔面ウォッシュでお返しする。すかさずコーナーに登る世志琥だったが、下田が場外に突き落としてトペ・スイシーダへ。今度は下田がイス攻撃。ラフファイトで試合をリードする。

世志琥もカウンターのショルダータックルでやり返すと、小刻みエルボー。下田もエルボーでやり返し胴締めスリーパーへ。脱出した世志琥はブーメラン式ラリアット。セントーンでカウント2。世志コブラ→逆片エビ固めで絞り上げる。エスケープされると突進する世志琥だったが、下田がロープを下げて世志琥が場外へと転落。

そのまま場外戦となり、南側客席で暴れまくった両者。世志琥が先に戻ってセカンドロープからのセントーンを投下。

これは下田がかわしてカカト落としへ。さらにグラウンド卍固めで絞り上げる。なんとか世志琥もブレイクすると、ネックハンギングボムからスライディングラリアットでお返し。そしてダメ押しのラリアットで世志琥が初シングル対決を制した。試合後、両者はノーコメント……。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年07月20日

第三試合

 

 

 

DSC_0094 DSC_0206 DSC_0126

3、高橋奈七永デビュー21周年特別試合・時間差8人タッグマッチ(21分無制限勝負)

高橋奈七永&世志琥&中島安里紗&Sareee(1-1)豊田真奈美&渡辺智子&彩羽匠&山下りな

※入場順=豊田、奈七永、渡辺、世志琥、彩羽、中島、山下、Sareee

①○奈七永(17分30秒、片エビ固め)渡辺●

※冷蔵庫爆弾

②○彩羽(18分15秒、エビ固め)奈七永●

※フライング・ニールキック

 

 

 


DSC_0310
DSC_0262

DSC_0424 DSC_0427
DSC_0386

 

 

【リポート】

1996年7月14日に高橋奈七永がデビューして丸21年。特別マッチとして奈七永が対戦相手に選んだのは、全女時代の“お母さん”と慕う豊田真奈美、最後の全女メンバーであり、かつてWWWA世界タッグ王座を一緒に巻いた渡辺智子、スターダム時代の後輩・彩羽匠、SEAdLINNNGを立ち上げ、他団体ながら刺激を受けた山下りなの4選手。奈七永に縁のある選手ばかりが出揃った。そして、奈七永の隣には、世志琥、中島安里紗、Sareeeが並ぶ。なお、SEAdLINNNGの4選手が同じリングに勢揃いするのは今回が初となる。

 

試合は特別ルールが採用され、1対1からスタートし試合開始3分後に1選手が追加、以後2分毎に1選手ずつが登場する時間差タッグマッチ。敗れた選手は退場とはならず、試合時間が終了した時点で勝利数の多いチームの勝利となる。オーバー・ザ・トップロープでの失格はなし。登場順は、会場スクリーンにより発表されることがアナウンスされた。

スタートは豊田vs奈七永。奈七永はファンに「お母さん」コールを要求。そして、逆水平チョップを放っていく。雪崩式ブレーンバスターに繋げるもカウント2。冷蔵庫爆弾は豊田がかわして、股裂きへ。あっという間に3分が経過し、2番手として渡辺が登場。

1vs2の不利な状況の奈七永。そんな奈七永を救ったのはSEAdLINNNG2番手の世志琥だった。世志琥は渡辺とにらみ合うと、ヤンキー

座りでご挨拶。ラリアットの打ち合いで沸かせる。

3番手は彩羽→中島。中島は捕獲された奈七永にミサイル弾。手荒い手段で救出すると世志琥とのクローズラインを敢行。これを渡辺がかわすと、すぐさま豊田が中島&渡辺にミサイル発射。すると彩羽が世志琥を、渡辺が奈七永を逆片エビに捕獲。そのまわりを豊田が中島にローリングクレイドルで回していく。

そこに4番手の山下が入場。奈七永vs山下でラリアットのラリー。奈七永のジャンピング延髄をかわした山下がスライディングラリアット。後頭部へのニーをお見舞いする。最後の入場者・Sareeeが加わりようやく8人タッグマッチとなる。

残り6分のなか、両チームポイントなし。山下のラリアットは渡辺に誤爆。このチャンスにSEAdLINNNG勢が渡辺に四面楚歌攻撃。渡辺は、豊田のムーンサルトを挟んでスクリュードライバーでカウント2。奈七永もジャンピング延髄を放つと、世志琥のダイビング・ギロチンドロップのアシストから冷蔵庫爆弾に繋げて渡辺から1本先取。

試合が続行され、彩羽が奈七永にスクールボーイ。これはカウント2。すぐさまニールキックを放った彩羽が奈七永から3カウント! すかさず世志琥が出ていき、彩羽&山下に両腕ラリアットをお見舞い。

残り2分からは8選手が入り乱れての大混戦。だが、両チームとも決め手に欠きドローとなった。

 

 

 

 

 

 

 

◎試合後のマイク

彩羽「奈七永さん、21周年おめでとうございます。プロレス人生ではじめて奈七永さんに勝つことが出来ました。でも、奈七永さんは、高橋奈七永はまだまだこんなもんじゃない。もっと強い。自分は正々堂々と高橋奈七永と闘いたい。でも、今日は奈七永さんに勝ったんで言いたいことは言わせてもらいます。これからは自分たちこの世代がプロレス界を引っ張っていきます。そして、Marvelousは彩羽匠だけじゃないってことを忘れないでください。奈七永21年間、お疲れさまでした。すみません、あとは豊田選手お願いします」

 

豊田「ナナちゃん、21歳の誕生日おめでとう。あれから21年経つんだね。最後の付き人やってくれて、色んな想いがこみ上げてきたんだけど、11月3日に引退します。8月6日、OZの川口で最後のシングルよろしくお願いします」

 

奈七永「お母さんありがとうございました。今日は匠に取られて……(SEAdLINNNG勢がみなリング下に降りている状況を見て)なんで下にいるの? 中島はいないの? これがSEAdLINNNGじゃねーのかよ! でも、今日は21歳の誕生日で豊田さん、渡辺さん、彩羽匠、山下りな、この4人とSEAdLINNNG勢がこんな熱い試合ができるんだと、自分自身熱くなりました。あともう1試合あると思うと大変だなって思うけど、今日はありがとうございました。後楽園もっともっと熱くなってきていきますので、みんな付いて来てくださいね!」

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年07月19日

第二試合

 

 

DSC_0969 DSC_0967 DSC_0039 DSC_0035 DSC_0005 DSC_0943

 

 

 

 

2、ハイスピード3WAYマッチ~to blow through High speed!~

○つくし(7分8秒、ハルカゼ)長崎まるこ●

※もう1人は小林香萌

【リポート】

南月たいようレフェリーが裁くハイスピード3WAYマッチに南月軍のつくし、メキシコ帰りの小林香萌、そして猛スピードを掲げる長崎まる子が参戦! 南月vs藤本の代理戦争的な意味合いもあるなか、小林はどちらに付くのか!?  勝敗の鍵を握る小林の動きにも注目が集まる。

 

試合前、南月レフェリー&つくしは小林を南月軍に取り込もうとする。小林は握手で応じるも、南月がゴングを要請しにいった隙につくしが小林にガットショット! 早速、小林を場外に送り込むと、自分が試合を決めるとばかりにまる子にカサドーラからのフットスタンプ。これは寸前でまる子もかわしていく。

そこに小林が合流。すっかり騙された格好となった小林は、まる子に「悪いのはコイツ(つくし)です」と告げられると、まる子と共闘路線を敷く。リレー方式でつくしをカバーにいくが、ここがハイスピードルールの落とし穴!? 通常のカバーはロープを一往復しないといけないため、スタミナだけが消耗することに。

これで命拾いしたつくしは、南月レフェリーが見ていないところでは小悪魔モード、見ているところではか弱いエンジェルぶりを発揮。うっかり南月レフェリーに見られても、今度は「コイツ(藤本)にやれって言われましたーーー」とセコンドの藤本のせいにしてピンチを切り抜けていく。

試合は続き、まる子が小林にミサイル発射! これをつくしが身代わりとなって受ける。その行為にすっかり気を許してしまった小林。つくしとの共闘を再び選択するも、コーナーに登っている間に、つくしがまる子をハルカゼで丸めて試合終了……。最初から最後まで小悪魔つくしに翻弄されてしまった。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年07月19日

第一試合

DSC_0808 DSC_0791 DSC_0833 DSC_0870

 

 

 

1、~OPENING FLASH~(15分1本勝負)

○水波綾(10分25秒、片エビ固め)藤田あかね●

※ダイビング・ギロチンドロップ

 

【リポート】

パワーファイトを得意とするWAVEの水波綾とアイスリボンの藤田あかねがシングルで激突。藤田は6・14仙台大会に出場予定だったが、ケガのため急きょ欠場。今回がはじめてのSEAdLINNNG参戦となる。

 

開始早々、ファンは「アニキ」コール。機嫌を損ねる藤田だったが、「あかね」コールをもらうとようやく試合へ。激しいショルダータックル合戦で主導権を握ったのは水波だった。キャメルクラッチで絞り上げると、ナルシストラリアットからコーナーに登っての「Lets get d!」。

しかし、藤田もデッドリードライブのように切り返し、ショルダータックル返し。串刺しラリアット、ショルダースルーに繋げる。そして藤田もキャメルクラッチへ。ブレイクされるとロープに走るも、水波がカウンターのパワースラム。

ここからはエルボーのラリー、ラリアットの打ち合いと激しくぶつかり合うも、水波がイチジクで捕獲。ブレイクされるとスピアへ。最後はラリアットからのダイビング・ギロチンドロップでトドメ。オープニングファイトにふさわしい熱いファイトで大会を盛りあげた。

 

試合後、水波は「SEAdLINNNGにお越しのみなさん、プロレスリングWAVEの水波綾です。8月12日、WAVE大田区大会を皮切りに、今日メインで出てくるベストフレンズとの3本勝負が決まっております。2戦目となるSEAdLINNNG8・24後楽園大会に、自分はもっと熱くなるパートナー大畠美咲とでSEAdLINNNGに参ります。この3本勝負で今が旬なこの世代。いや今が旬なAvidRival(アビッドリバル)、いや! 今が旬な水波綾が、この夏を熱く盛りあげていきますんで、目を離さないでくださいね。以上!」とマイク。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木