contact

カテゴリー

2018年07月10日

2018.7.6新木場1st RING・第2試合

2、ハイスピードシングルマッチ(20分1本勝負)
○希月あおい(6分54秒、エビ固め)小林香萌●
 
DSC09553
10月7日に引退することが決まっている希月あおいが5・16後楽園に続き、ハイスピードマッチに挑戦。ハイスピードの常連・小林香萌と試合をおこなった。ハイスピードルールとは、すべてのカウントが高速カウントで、丸め込みを除いて、投げ技、打撃技からはロープを1往復しないとフォールが認められないというSEAdLINNNG独自のルール。この試合を裁くのは、もちろん南月レフェリーだ。
 
ゴングを待てずに試合がスタート。のっけからスピーディーな攻防が繰り広げられるなか、希月がジャイアント・バックブリーカーで小林を捕獲。すると小林は、南月レフェリーにしがみつき、巻き添えに!?
 
希月側についた南月レフェリーは、希月と一緒に小林をロープに張り付けていく。苦し紛れの小林は自ら反則カウントを数えてピンチを脱出。
 
反撃に転じた小林がミサイル発射。ロープワークからのカバーはカウント2。さらに延髄斬りを狙ったが、希月がかわしたため南月レフェリーに誤爆してしまう。すぐさま小林が丸め込むが、南月レフェリーはスローカウントで報復。
 
DSC09533
ならばと小林は南月レフェリー&希月にドロップキックを放つと、コーナーへ。これは南月レフェリーが妨害。それどころか希月&南月レフェリーでファンタスティックフリップを決める。
 
チャンスを得た希月はスノーブロウを投下。だが、ロープワークを忘れてノーフォールに。すぐさま横十字固めで丸めるもカウント2。ジャンピングラリアットもカウント2止まり。
 
DSC09605
小林の丸め込みから応酬となる。いずれもカウント2に終わり、小林が延髄斬りからフィッシャーマンSHへ。ロープワークから押さえ込むが形勢を入れ替えた希月がフォール。キックアウトされると、さらに希月が丸め込み、3カウントが入った。
 
DSC09640

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木