contact

カテゴリー

2018年03月21日

2018年3月21日後楽園ホール・第2試合

2

2、ハイスピード3WAYマッチ Cross the BORDER hispeed!(20分1本勝負)
○谷嵜なおき(7分45秒、エビ固め)ショーン・ギネス●
※丸め込みの応酬から。もう1人は飯田美花

 

 

【リポート】

南月たいようレフェリー考案のハイスピードマッチに、SEAdLINNNG初参戦となる谷嵜なおきとショーン・ギネスが挑戦。3人目の選手は、WAVE5・4後楽園で引退する飯田美花。飯田はハイスピード2度目の参戦となる。
 
クリーンな握手で試合がスタート。ファーストコンタクトは、リストの取り合い、カバー合戦などで様子をみる3選手。まずはショーンがカウンターのドロップキックからカバーにいくが、ロープワークをしていなかったためノーフォール。南月レフェリーが「RUN!」と忠告するも、理解していないショーン。
 
このチャンスに飯田がヘッドシザースホイップ。ロープワークからの高速カウント2。カウントの速さにショーンはビックリした様子。だが、ショーンも谷嵜&飯田にドロップキックを放って場外に落とすと、谷嵜にロープ越えコンヒーロ。するとファンから飯田にも「飛べ!」コールが起こるが、飯田は南月レフェリーをハンマースルー。南月レフェリーの鮮やかな三角跳びプランチャが決まる。
 
3選手がリングに戻ると、飯田が標的になっていく。孤立する飯田だったが、ショーン&谷嵜にまとめて卍固め。さらには2人同時にDDT&コンプリートショットを決める。飯田のロープワークからのカバーは、谷嵜がスクールボーイでカット。ショーンも谷嵜にスクールボーイ。いずれもカウント2止まり。
 
混戦となるなか、飯田のカバーをショーンが顔面蹴りでカット。飯田が戦線離脱している間に、ショーンvs谷嵜でエビ固めの応酬となり、谷嵜が強引に押さえ込み勝負あり!

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木