contact

カテゴリー

2018年01月15日

第四試合

IMG_7861IMG_7860IMG_7859

4、30分1本勝負

○中島安里紗(14分26秒、D×D)大畠美咲●

 

 

【リポート】

 

2017年はベストフレンズvsAvid Rivalとして抗争を繰り広げた中島安里紗と大畠美咲が直接対決! 2人のシングルは、WAVE2013年7・15後楽園以来となり、その時は大畠がブルーダリアで勝利している。SEAdLINNNGに入団し、ちょうど1年が経つ中島は、2018年の初戦を勝利で飾ることができるのか!?

 

その中島は新コスチュームで登場。スタートは慎重な滑り出しだったが、激しくエルボーでぶつかり合うとすぐに白熱。中島がスリングブレイドを決めれば、大畠は顔からバン!(カーブストンプ)2連発で応戦していく。

 

一進一退の攻防から、大畠がスタナーからの低空ボディーアタックを投下。すぐさまコーナーに登るも、中島も追いかける。ならばと大畠はヘッドバットで怯ませ、ダイビング・ボディーアタック! そしてジャーマン連発でカウント2。

 

中島もキューティースペシャルでお返しすると、グラウンド技を挟んで、顔面キック、ダブルアーム・フェースバスター、ダイビング・フットスタンプと波状攻撃。さらにSEAdLINNNG所属になってから使い出したムーンサルトプレスを狙うが、大畠もヒザを立てて回避する。

エルボーの相打ちを繰り返す両者。中島のパッケージジャーマンに、大畠は投げっぱなしジャーマンでお返し。これはダブルダウンとなる。

 

大畠の花マルどっかんはカウント2。ならばとエアレイドクラッシュを狙うが、切り返す中島。再びエルボーの打ち合いとなり、中島がドラゴンSHを敢行。キックアウトした大畠もエアレイドクラッシュへ。すぐさま中島も投げっぱなしドラゴンでやり返すと、ダメ押しのD×Dで、約4年半ぶりのリベンジを果たした。

 

 

IMG_7858

【試合後のマイク】

中島「おい大畠! この試合、最初は正直どうでもよかったけど、まあ今日はお前のその悔しい顔が見れて、私は満足だよ。次があるかどうかはわからないけど、何回やっても私が勝ってやるから」

 

大畠「言ったね×3、勝つ自信あるんでしょ。じゃあ、もう1回やろ。正直、私ももうアンタとやりたくないし、アンタの顔も見たくもない。でも、私は自己満足のためにプロレスやってるんじゃなくて、お客さんが求めるものを提供したいと思う。(会場が拍手を送る)この反応がわかるでしょ? 中島vs大畠はお客さんが求めているの。それをSEAdLINNNGだけで独り占めってずるくない? WAVEでもやろうよ! WAVEの2月12日、WAVEの後楽園ホール大会、暇でしょ、どうせ。他団体呼ばれてないし、暇でしょ。高橋奈七永がいないと何も決められないのかな?」

 

中島「やってやるよ×3! 2月12日、WAVE後楽園やってやるよ。またお前の悔しい顔見るの、楽しみにしてるからな」

 

大畠「どうぞ勝ちに来て下さい(大畠退場)」

 

中島「早く帰れ! 何だよ。試合にしに来たのか、しゃべりに来たのかわからないけど…。開幕戦、中島安里紗が勝ったということで、SEAdLINNNG、今年は私が引っ張っていくのでよろしくお願いします」

 

【中島コメント】

中島「マイクでも言いましたけど、大畠美咲とのシングルは気が乗らないというか、何度やっても一緒。次、2月12日、いくらでもやってやるよ。それだけですね。まぁ、でも、今日やって、大畠美咲の力を把握できた。次はより確実に勝っていけるかなと思いますね」

 

——奈七永欠場の大会について。

中島「もともと人数も少なくて、ピンチと言えば常にピンチ。だからこそ、いろんな団体から選手が出てくれて、いろんなパワーを感じられる大会。オールスター戦じゃないですけど、SEAdLINNNGのいいところがより発揮されたと思うし、高橋奈七永が次に帰ってくる時にはもっともっとパワーアップした、パッションに溢れたSEAdLINNNGに私たちがしたいと思ってます」

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木