contact

カテゴリー

2018年01月15日

第二試合

IMG_7852IMG_7851IMG_7850IMG_7869

2、ハイスピード3WAYマッチ(20分1本勝負)

○飯田美花(7分3秒、ヨーロピアンクラッチ)朱崇花●

※もう1人はSUGI

 

 

【リポート】

 

ZERO1所属となったSUGIと、WAVE5・4後楽園で引退する飯田美花がSEAdLINNNGに初参戦! SUGIは南月たいようレフェリーが闘ってみたかった選手の一人で、そのスピードと独創的な空中殺法で一目置かれている選手。そこにハイスピードの常連となった朱崇花が加わる3WAY。新年一発目からワクワクがいっぱいの予想不可能なカードが実現した。もちろん、南月レフェリーと朱崇花との抗争も注目ポイントだ!

 

ゴングと同時に朱崇花は南月レフェリーにガットショット! 試合は、飯田vsSUGIではじまることに。南月レフェリーに一撃かまし、溜飲を下げた朱崇花が飯田とのWAVE同盟を築くが、クローズラインはSUGIも回避。すると、朱崇花は飯田にもガットショット!? あっさり裏切るしたたかさを見せる。

 

飯田も朱崇花に足4の字、SUGIにはフェースロックを同時に極めるなど奮闘。ならばとSUGI&朱崇花も共闘路線。ツープラトンのブレーンバスターで飯田にお仕置きしていく。

 

SUGIvs朱崇花の場面となり、華麗な空中技が交互に炸裂。SUGIが飛びつきコルバタを見せれば、朱崇花もダイビング・クロスボディー、ドロップキックで反撃。ロープに走るも、飯田がバックエルボーで妨害する。

 

今度はSUGIvs飯田となり、SUGIがブラ下がり首4の字固めへ。そして、エルボー弾からカバーするも、ロープワークがなかったためノーフォール。「打撃技の場合はロープ1往復しないとカバーできない」というハイスピード独特のルールに泣かされる両者。

 

そんななか、このルールを熟知している朱崇花が抜け出そうとする。SUGIにトラースキック、飯田にはサイドスープレックスを放った朱崇花が迷わず走るも、ここで南月レフェリーが足をひっかけ妨害。怒る朱崇花が南月に詰め寄っていく。そこにSUGIの千本桜が朱崇花にクリーンヒット。このチャンスに飯田がヨーロピアンクラッチで朱崇花から3カウント! 試合は決したが、南月と朱崇花の遺恨は2018年も続きそうだ。

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木