contact

2022年01月10日

12.29後楽園ホール・セミファイナル

セミファイナル SEAdLINNNG BEYOND THE SEA Tag Championship(30分1本勝負)
〈挑戦者組〉○真琴&朱崇花(27分32秒、デスバレーボム→片エビ固め)高橋奈七永×&松本浩代〈王者組〉
※奈七永組が初防衛に失敗、ラスエゴが第11代王者組となる。
_K0A8688 
挑戦者組の奇襲で始まり、場外戦を仕掛ける。朱崇花は奈七永に椅子攻撃。奈七永も椅子を持ち、椅子チャンバラを制してお返しの一撃。朱崇花を倒し、松本と一緒に真琴をパワーボムで朱崇花にぶつける。松本が「奈七永行け」とアピールすると「お前が行け」と奈七永。松本は「行ってやるよ」とリングに上がってトペ狙いも、朱崇花が椅子で阻止。リングに戻り真琴が奈七永にサッカーボールキック。腰へのダブルニーも決め、ロープ際では全体重を乗せて踏みつけ。朱崇花はボディースラムから鉄柱を使って左足攻撃。リコや笹村が押さえつける中、椅子でも一撃。朱崇花が挑発すると奈七永が張り手。朱崇花も張り手で応戦。5分経過。真琴が串刺しフロントハイキックからフットスタンプ、変型胴締めスリーパー。奈七永は自力でエスケープ。ボディースラムを決めた奈七永はフロントハイキックを食らいながらも張り手。真琴も張り手で返すが、奈七永は笑みを浮かべながらヘッドバットを連発し、バックドロップキックで逆転。松本は真琴、朱崇花に立て続けにタックル。真琴にはヘッドバットを連発し、ボディーアタック。真琴はチョップからカカト落とし。スピア狙いは耐えた松本がブレーンバスター。奈七永を呼び込み、背負って背面から落とす。松本のバックドロップ狙いは耐える真琴。逆にマットに叩きつけるとボディーを蹴り上げる。更にDDTからスピア。朱崇花はミサイルキックを違う方向から2連発。連続の串刺し攻撃も決め、ダブルキック。
_K0A8679_K0A8684
_K0A8728_K0A8733
10分経過。朱崇花がパワーボムの体勢。リバースした松本だが、朱崇花は着地して襲いかかる。それでも松本がロープを使ってスタナー。コーナーに上がると朱崇花がヘッドシザースで落とす。朱崇花がコーナーに上がると今度は松本も追いかけ、雪崩式ブレーンバスター。気合いで朱崇花が起き上がり、張り手からフロントハイキック。バックを奪うも松本が耐える。蹴りも避けてラリアット。更に走り込んでもう一発。奈七永が登場。松本と合体攻撃を狙うが、朱崇花がかわし、2人をコーナーにホイップ。だが、松本がカウンターでキャッチし、サイドバスター。奈七永の冷蔵庫爆弾から松本がリバーススプラッシュ式ダブルニー。奈七永はバックドロップ。朱崇花は一瞬の隙から左膝に低空ドロップキック。顔面にも蹴りを連発。救出に入った松本も蹴散らされる。朱崇花の攻撃を脱出した奈七永だが、着地した際に再び膝に激痛で倒れ込む。朱崇花は「そんなもんか」と顔面蹴りを連発。奈七永はカウンターのラリアットからブルーサンダー。
_K0A8773_K0A8798 
15分経過。奈七永と朱崇花がエルボー合戦。続いて奈七永が張り手ラッシュ。朱崇花はセカンドロープを利用したムーンサルトアタックから投げっぱなしジャーマン。真琴が膝蹴りを連発。奈七永は「来いよ」と意地を見せると更に膝蹴り。奈七永はその場でラリアットも真琴はスピア3連発。ハイキックも決めてロープに走るが、ここで松本が登場し、ラリアット。奈七永はスライディングD。奈七永がコーナーに上がると朱崇花は椅子で阻止し、場外ムーンサルトアタック。朱崇花が奈七永を強引にリングに入れ、真琴とダブルキック。真琴はネックハンギングボム。カウント2で返した奈七永はそのまま三角絞めに移行。
_K0A8812_K0A8820
_K0A8834_K0A8839 
20分経過。奈七永がクロスフェースでも絞り上げる。エスケープされた後、バックを奪うと朱崇花が椅子でカット。椅子の奪い合いとなり、レフェリーが巻き込まれて吹っ飛ばされてしまう。真琴は椅子を持たせて二段蹴り。朱崇花は松本にも椅子攻撃。朱崇花は椅子を持ったままムーンサルトプレスも決める。真琴は肩に担いでの開脚ドライバー。カウント2。奈七永はインプラント。カウント2で返されるとコーナーに上がる。再び朱崇花が阻止。雪崩式を狙った真琴だったが、松本が救出し、真琴に投げっぱなしパワーボム。奈七永は冷蔵庫爆弾。カウント2。朱崇花が襲いかかるが、松本がラリアット。松本は朱崇花に、奈七永は真琴に同時のドライバー。
_K0A8868_K0A8909_K0A8953
25分経過。奈七永が真琴にエルボー、ヘッドバット。ラリアットをかわした真琴が雁之助クラッチ。真琴が肩に担ぎ、朱崇花のトラースキックから真琴がデスバレー。奈七永はカウンターの丸め込み。朱崇花が奈七永にスピンキック。真琴とのサンドイッチ式キックを顔面に叩き込む。残り3分。真琴がデスバレー。カウント2で奈七永がキックアウト。だが、真琴がもう一発見舞って3カウント。
_K0A8994_K0A9049_K0A9077_K0A9089_K0A9166_K0A9172_K0A9191_K0A9205_K0A9261 

奈七永 真琴、朱崇花、最後の試合でこんなにこてんぱんにされて、もう迷いはねえよ。これからは私が追ってやる。追うしかねえんだよ、負けたんだから。ずっとずっと私は挑戦者であり続ける。お前らしっかり守ってくれ。胸張って女子プロレスの道をもっともっと突き進んでくれ。ありがとう。松本ごめん、もっと組んでいたかったよ。でも終わりはねえから。また会える、リング上で。ありがとう。
 
松本 高橋奈七永な、負けを認めんな。ごめんとか言うんじゃねえよ。そんなの高橋奈七永じゃねえからな。高橋奈七永は高橋奈七永。トップでいいんだよ。まだまだ追うから、私も追うからお前も私を追ってこい(とグータッチ。奈七永組は退場)。
_Q1A6457
_Q1A6473
朱崇花 奈七永、奈七永、私達ラスエゴ、なんだかんだ言ってお前のことちょっとだけ好きだぞ。頑張れよ。
 
真琴 奈七永さん、あとであなたへの気持ちをツイッターに書いておきますからちゃんとチェックしておいてくださいね。バイバーイ。
_K0A9269

ヤシの木