試合結果

過去の試合結果
◆2018年2月9日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 2nd NIGHT!~
◆2018年1月14日 SEAdLINNNG~Now or Never!~
◆2017年12月13日 SEAdLINNNG~SHARE THE MOMENT~
◆2017年11月22日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 1st NIGHT!~
◆2017年10月18日 SEAdLiNNNG~d-HIGHER!~
◆2017年9月18日 SEAdLINNNG~EVOLUSION~東京・新宿FACE
◆2017年8月24日 SEAdLINNNG~SUMMER BLAST~
◆2017年8月11日 SEAdLINNNG~YOKOHAMA FLASH!~
◆2017年7月14日 SEAdLINNNG~This Is Us~
2017年6月14日 SEAdLINNNG〜GO!SEAdLINNNG!!!〜仙台市・宮城野区文化センター
2017年5月24日 SEAdLINNNG~fortissimo~
2017年5月5日 SEAdLINNNG~GOLDEN GO!GO!~
◆2017年3月16日 SEAdLINNNG~LUCKIEST777
◆2017年1月26日 SEAdLINNNG ~ integral-d!
◆2016年12月21日 SEAdLINNNG~mirrors〜
◆2016年10月16日 SEAdLINNNG~SPARKLING-d!〜
◆2016年9月28日 SEAdLINNNG~JUMP UP!!〜
◆2016年7月11日 SEAdLINNNG 高橋奈七永20周年興行~LOCK ON!〜
◆2016年5月18日 SEAdLINNNG~Let’s go NOW!!!〜
◆2016年3月7日 SEAdLINNNG ~ Let’s get d!!!
◆2016年1月11日 SEAdLINNNG~Let’s make MIRACLE YEAR 2016!〜
◆2015年11月25日 SEAdLINNNG~UP TO YOU !〜
◆2015年8月26日 SEAdLINNNG~Let’s get standerd!〜

2016年5月18日 後楽園ホール

SEAdLINNNG ~ Let’s go NOW!!!(観衆850人)

第5試合 Episode-d タッグマッチ 30分1本勝負
○高橋奈七永29分4秒

ワンセコンドEX→片エビ固め
中島安里紗
世志琥山下りな●

S__7782470

SEAdLINNNG旗揚げ戦で奈七永との対戦をまっさきに希望した中島。だが、それ以降、奈七永との試合は組まれるどころか、大会にすら呼ばれないことも……。そんな状況にシビれを切らした中島はついに3・7後楽園大会に乱入。奈七永、世志琥を挑発すると、そこに山下も割って入り「私は、デビューする3年以上前からずっと、この瞬間を待ってたぞ!」と世志琥にアピール。今回のカードが組まれることとなった。

試合は奈七永vs中島でスタートする。中島がグラウンドに持ち込み腕を取りにいくが、奈七永も腕を取りかえそうとする。どちらも極めきれずに、世志琥vs山下へ。

まずはロックアップでガッツリ組み合う。そしてリストロックの攻防へ。一度離れると、今度はバックの取り合いから世志琥がヘッドロックで絞りあげる。山下が脱出して自コーナーに戻ると、中島vs世志琥が激しいエルボーのラリー。中島のドロップキックをかわした世志琥がガットショットからのキャメルクラッチで絞りあげる。そして背中にサッカーボールキックをお見舞い! 続く奈七永は中島にギロチンドロップ、アルバトロスへ。これは山下がカットに入る。ならばと奈七永はミサイル発射。ショートレンジラリアットを放ったあと、走り込んでのもう一発を狙うが、中島がロープを下げて奈七永を場外へ!

すぐさまプランチャスイシーダの体勢に入る中島だったが、奈七永が足止め。すると中島は奈落式スイングDDTに変更する。場外戦でさらにヒートアップする4選手。

リングに戻ると中島が奈七永の顔面にキックを叩き込む。続く山下はバイト攻撃。さらには中島のDDT→小刻みエルボー、山下のチョップ→バックドロップ→トラースキックが決まる。そして山下は串刺しラリアットを放ったが、奈七永もやり返しバックドロップ。ようやく世志琥とタッチする。

世志琥は中島&山下をショルダータックルでなぎ倒すと、セントーンを投下。そして山下に顔面ウォッシュ→世志コブラを極める。続くセントーンは、山下もローリングで回避する。ショルダータックル合戦を挟んだあと、山下は串刺しラリアットで攻勢に転じると、ブレーンバスター! 中島と交代する。

中島は世志琥の背後からミサイル弾を放つと、さらに正面からも一発お見舞い。だが3発目は世志琥がかわして顔面キック。立ち上がった中島は世志琥に張り手、エルボーを何発も放っていく。

一方、世志琥も中島を対角線にハンマースルー。待ち受けた奈七永がラリアットでなぎ倒し、山下にはジャンピング延髄をお見舞いする。さらに冷蔵庫爆弾を狙ったが、これは中島が足を立てて回避。形勢逆転に成功した中島はブラ下がり式フットスタンプ、ダイビング・フットスタンプを投下していき、ドラゴンSHにつなげる。奈七永vs中島がヘッドバットを打ち合うなか、山下がラリアットでアシストに入り、戦況は奈七永vs山下に。

ここで奈七永は投げっぱなしジャーマン! だが、山下も追撃を許さずスリーパーで捕獲する。慌てて世志琥がカットに入り山下にネックハンギングボムへ。奈七永がイクボムにつなげるが、これはカウント2。

残り時間5分のコール。ここで山下が胴締めスリーパー! 世志琥のカットで命拾いした奈七永は、コーナーに登るも山下が追いつき、雪崩式バックドロップで投げ落とす。さらにセカンドロープからのエルボードロップ! すぐに山下はロープに走るが、奈七永がカウンターのラリアット。ならばと山下も引き込み式ラリアットから走り込んでのラリアットでお返し。

時間が押し迫るなか、奈七永がインプラントを敢行。中島がカットに入るが、奈七永もラリアットで排除する。そして世志琥のセントーンを挟んで冷蔵庫爆弾を放つが、これも中島がカットイン。攻める奈七永、なんとか凌ごうと必死の山下&中島という流れのなか、最後は奈七永がワンセコンドEXにつなげて山下から勝利。激闘を制したのは奈七永&世志琥だった。

試合後、納得のいかない中島は奈七永、世志琥につっかかり、一人で退場した。

【試合後のマイク】

奈七永「私、SEAdLINNNGがはじまってから、勝つの2回目なんだよー! やったー! 勝ったの、チョー嬉しいよ。ありがとう世志琥!」
世志琥「奈七永、よくやったなー! SEAdLINNNGで試合するのは2回目なんですけど、チョー楽しい。こういう熱い試合をして自分は女子プロレスを動かしていきたいんですよ。これからも熱い試合をやっていきましょう」
奈七永「こういう熱い試合ができたのも、中島安里紗選手、山下りな選手、2人の熱さがあった。アナタたちとは何回でもやりたいと思います。そして何回でも私が勝ちます。そして、次の! 次の大会は7月11日、いよいよ私の20周年記念大会になるんですけど、言わせてもらいたいのは2つかな。今日、今日、このリングに上がったのは熱い試合をさせてもらいました。でも私はセンダイガールズプロレスリング・里村明衣子選手。大将がこのリングに次こそは上がってきてもらいたいと、そう思います。そして20周年記念ということで、私の望むカードが一つ。やりたいカードがあるんです。でも、先日から交渉していますが、その選手は首を縦にはふってくれてない状況です。なのでまだお伝えすることができませんけれども、このリングに、SEAdLINNNGのリングにぜひ上がってもらいたい選手がいることをお伝えしておきます。そして今日改めて思ったことを最後に言わせてください。友に感謝して、今を一生懸命生きて、そして未来に希望を抱く、それをこのリングで植え付けたいと思います。これからもよろしくお願いします。今日はありがとうございました」

【奈七永&世志琥コメント】

奈七永「ありがとうございました。勝ちましたよ。2年ぶりだね、隣に立つの。未来に感謝しつつも、でも今がね、今輝いてないと意味ないから。 2年前、組んだといっても同じ気持ちで、隣に立ってない。今日はじめて、今日5月18日が高橋奈七永と世志琥が組んだタッグの物語のスタートです。 なので私の気持ち的には20周年は世志琥に隣に立って欲しいと思っています。そうじゃないと意味がない」
世志琥「自分は最後の高橋奈七永の言葉、凄くぐっときました。もちろん高橋奈七永が隣に立って欲しい、そう言うなら自分はYESと答える以上ないでしょう。 自分はやってやります。高橋奈七永の隣に立ちますし、対角にも立ちますし、そこはOKです」
奈七永「でも今日本当に、私はこの日勝負だと思ってました。今まで名のある選手や話題性があったと思うんです。今日が本当にはじまり、そう思います。中島安里紗、山下りな、熱いじゃん! メッチャ熱いじゃんね」
世志琥「ビックリしました。こんなに熱いと思いませんでした」
奈七永「こんなにやられるとも思わなかった。私は一生、中島安里紗に負けるとは思わなかったんです、こないだ当たった時には。今日も負けるとは思わなかったよ。でも、確実に5月のはじめに当たった時より強くなってる。こうやって日進月歩、1日1日、強くなる。その強さは必ず女子プロレスのステージを上げると私は思います。この闘いをまたSEAdLINNNGでやっていきたいと思います。山下りなどうだった?」
世志琥「自分は山下、いい奴だと思います。自分もう1回やりたいです」
奈七永「いい奴とか言ってんじゃねーよ」
世志琥「違いますよ、わかりますよね?」
奈七永「気持ちがいいな。気持ちがいい。すっげー気持ちがいいと思いますよ」
世志琥「いやでも今日、SEAdLINNNG旗揚げして2回目。勝ったの」
奈七永「そうなんだよ……」
世志琥「それは誰のおかげですか? 自分のおかげだと思いますよ。自分、負けなしですから、復帰して。だから未来にも過去にも世志琥にも感謝してください」
奈七永「世志琥さんSEAdLINNNGに入ってくれてありがとう」
世志琥「これからも頑張りましょう!」

【中島&山下コメント】

中島「お前(山下)がでしゃばんなければ、高橋奈七永から私が勝ってハッピーエンドだったのに」
山下「ぜんぜんハッピーエンドじゃねーだろ、そんなの。私が勝ってハッピーエンドが、みんなが求めているヤツだろ。お前こそでしゃばんな」
中島「お前が出てこなければ勝てた」
山下「いやいやいや」
中島「最後、お前が負けたんだろ」
山下「覚えてねー。記憶がねー」
中島「何そのWAVE得意な『覚えてない』。覚えてなくても負けは負けなんだよ」
山下「負けたの?」
中島「負けたんだよ」
山下「(世志琥と当たって)楽しい、楽しい。当たって……、自分の求めていた物以上だけど、まだやり足りないからシングル(やりたい)。シングル、奈七永とももう1回シングル。 あとはお前ともシングル。お前とシングルして負けてんだよね」
中島「当たり前だろ。勝てると思ってんじゃない」
山下「コイツも倒して、奈七永も倒して、世志琥とやってやるよ、1vs1で。お前邪魔すんなよ」
中島「お前だろ(と張り手。乱闘をしながら引き上げていった)」

ヤシの木