contact

カテゴリー

2018年01月11日

1月14日後楽園大会についての記者会見を行いました。

IMG_7704
【1月14日後楽園大会全対戦カード発表記者会見詳細。高橋奈七永容態のご報告とコメント】
南月たいようコメント
「本日はお忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。
まずはじめに、シードリング代表・高橋奈七永の検査結果および現在の容態につきましてお知らせいたします。
1月7日のWAVE新宿大会において、高橋奈七永が救急搬送される事になりましたことをまず、当日会場にお越しになられました皆様、そしてプロレスリングWAVE様にお詫びします。
シードリング公式ツイッターで公表のとおり、精密検査では骨折は無く、神経系への大きな損傷も現在のところ見られないとの結果でした。
そして現在、本人は意識があり、身体を動かすこともできる状況ですが、身体の部分的に痺れが残っています。
昨日、本人の強い希望もあり一旦退院の承諾を得まして、家族のケアを受けながら現在は自宅で安静にし療養中です。
復帰時期に関しては、まずは身体の痺れの経過を観察しそれ以降の判断になります。現時点ではまず今月、1月14日SEAdLINNNG後楽園大会、及び1月28日超花火大阪大会にて予定されていた試合は欠場とさせていただきます。
14日後楽園ホール大会への来場に関しましては現在のところ未定で、難しい状況ですが、医師と相談し、来場の可否について医師の診断と本人の体調を最優先し決定します。」

 

 

高橋奈七永コメント
「高橋奈七永です。この度はシードリング2018年開幕戦という大切な場面での試合が欠場となってしまい大変申し訳ありません。それに伴いカード変更と全カード発表が遅くなってしまったことをお詫びいたします。
7日の試合の際にはプロレスリングWAVEさんには大変ご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございませんでした。迅速に対応していただきありがとうございました。
今、首の状況的には辛い部分もありますが、悲観的にはなっていません!何故ならば世志琥、中島がいるから。そしてシードリングを熱く盛り上げてくれる選手達がいるからです。
私の試合を楽しみにしてくださる皆さんには本当に申し訳ありませんが、少しお待ちいただいてその間は会場を熱く盛り上げていただけると嬉しいです。1月14日12時から、SEAdLINNNG後楽園大会に是非お越し下さい!」

 

 

ー全対戦カード、会見出席選手コメントは以下ー

 

 

〈第1試合 シングルマッチ15分1本勝負〉
門倉凛(Marvelous)vsトトロさつき(アイスリボン)

 

 

IMG_7719
〈第2試合 ハイスピード3WAYマッチ 20分1本勝負〉
SUGI(プロレスリングZERO1)vs飯田美花(プロレスリングWAVE)vs朱崇花(プロレスリングWAVE)
※ハイスピードルール&オーバーザトップロープルール採用
※レフェリー南月たいよう

 

IMG_7720
朱崇花コメント
「2017年はハイスピードのリングに結構上がらせていただいて、2018年一発目のハイスピードの舞台で引退目前の飯田美花選手と、私個人的にはブードゥ・マーダーズに加入しまして、SUGI選手もZERO1に入団ということで、今後関わりが結構出てくると思うんですけど、その第一歩としてSUGI選手との対戦ということで、お互いにハイフライヤーで結構動画とかもチェックして勉強しているので非常に楽しみです。」

 

南月「今回もハイスピードルールに加え、オーバーザトップロープルールを採用させていただきます。朱崇花の大好きなオーバーザトップロープですよ!」

 

朱崇花「大好きじゃない」

 

南月「この前も、華麗に落ちてたね!落ち方も華麗!」

 

朱崇花「2017年はだいぶ邪魔しましたけど」

 

南月「いやいや、毎回レフェリーに暴行を働き過ぎ。ハイスピードという枠で自分が教育していった方がいいんじゃないかと思いまして」

 

朱崇花「バカ」

 

南月「ほら、口も悪いっていう。前回ペナルティーとしてロープを2本にして、そういう暴行を働いたらどうなるかっていうことは思い知ったと思うので、今回はちゃんと闘うように。本当今回やったら次知らないよ?」

 

朱崇花「知らないよってなに。SUGI選手も飯田選手もですけど、1番はこの南月レフェリー。オマエが1番邪魔だから」

 

南月「もういいです。ロープ5往復にします!」

 

朱崇花「5往復?!試合が成り立たない!」

 

南月「SUGI選手は自分も昔から試合したいと思ってたんですよ」

 

朱崇花「そこはありがとうございます」

 

南月「ハイスピードで、こうしてレフェリーという立場で絡めるのが嬉しいのと、飯田選手もWAVEさんの中で動きがいいなと思っていたので、是非この2人に朱崇花、どうにかこらしめてもらいたいなというところで組ませていただきました。頑張れよ!」

 

 

IMG_7722
〈第3試合 キャプテンフォールマッチ30分1本勝負〉
藤本つかさ(アイスリボン)&柊くるみ(アイスリボン)&彩羽匠(Marvelous)&赤井沙希(DDT)vs水波綾(プロレスリングWAVE)&藤田あかね(アイスリボン)&長浜浩江(プロレスリングWAVE)&桃野美桜(Marvelous)

※キャプテンは当日抽選にて決定。
※それぞれのチームのリーダーの選手からフォール、ギブアップをとった時点で勝負が決着する。イリミネーションルールは採用されない。

 

IMG_7723
藤本つかさコメント
「皆さんこんにちパッション!いつもこの挨拶はダサいなと思っていたんですけど、今日こういう時だからこそ、高橋奈七永がいないからこそ言わせていただきました。今回SEAdLINNNGは最大のピンチを迎えていると思います。でもこういう時に選手、お客さんが一丸となって一緒に立ち上がるべきだなと思っております。私は高橋奈七永には2回ほど助けてもらったことがあるんですけど、1回目は横浜文体の時、そして2回目は去年の夏。私がちょっとへこんでた時に高橋奈七永に色々支えてもらったので、今回は私が助けてあげたい。高橋奈七永には私は1回だけ私は助けたことがあって、ちょっとおっちょこちょいなところが彼女にはあるので、1番あげてはいけない画像をSNSにあげてしまった時、私は1秒くらいで気付いて電話して消してください!と言って消させたことがあったお陰で大炎上にはならなかったんですよ。それが1つ助けたことなので、今回は2回目の手助け。高橋奈七永の欠場を受けて、私はこの試合で初めて新しいコスチュームを着て大会に臨みたいと思っております。皆さん、その辺も楽しみにしていて下さい!」

 

 

赤井沙希コメント
「昨年末にSEAdLINNNGさんの大会で私が準レギュラーとしてSEAdLINNNGさんに参戦させていただくことを発表されたと思うんですけど、2018年になって1回目の参戦でナナエさんが居ないというのはどういうことだと思ったんですけど、さっきのコメントとか聞いててやっぱりナナエさんは凄く強い人だなと思ったので。パワーの源はどこにあるのかって凄く気になりました。なので今このSEAdLINNNGさんの3本柱の選手のうちの1人がお休みしてるってことなので、自分が準レギュラーとしてSEAdLINNNGさんの支えになって恩を今のうちに売っておいて、帰ってきた時に自分が大きいことをまた言えたらなと思っております」

 

 

水波綾コメント
「はい、2018年ハッピーニューイヤー!プロレスリングWAVE水波綾です!高橋奈七永さんが不在ということで、よく毎回SEAdLINNNGさんに自分は参戦させてもらっている中で、自ら先陣を切って闘う姿だったり熱さだったり、そういったものを見て自分も心を動かされている選手の1人です。当日は自分のできることを精一杯やります。それはつまり自分なりのパッションをSEAdLINNNGの、リングで爆発させること。早く回復してまたリングに戻ってこれることを願いつつ、新年1発目のSEAdLINNNGは自分の持ってる、できる限り最大のパッションをSEAdLINNNGの、リングでお見せしたいと思います。以上!」

 

 

IMG_7717

 

〈第4試合 シングルマッチ30分1本勝負〉
中島安里紗vs大畠美咲(プロレスリングWAVE)

 

IMG_7721

大畠美咲コメント
「そうですね、正直中島安里紗には興味はありません。でも去年のアビリバ対ベストフレンズの三番勝負があった時に、まぁまぁ1番シングルが見たいと言われていたのがここのカードだったので決まったのかなっていう。お客さんは求めているのかなっていうのはあるんで、ちゃんと仕事として割り切って中島のいいところを出してあげていい試合にしてあげたいと思います。まぁあとプロレスラーとしては興味ないんですけど中島のことは人間的には凄いキライで、デビューして数年くらいかな、まぁ何年かは覚えてないんですけども、逃げ出して、戻ってきて、戻ってきたかと思ったら、その団体を辞めて、今SEAdLINNNGにきて、かといってSEAdLINNNGで目立ってるかと言えば全然目立ってないし、本当に何がしたいんだろうこの人はって感じです」

 

 

中島安里紗コメント
「去年1月にSEAdLINNNGに入団しまして約1年になるんですが、自分の中でも正直若干遠慮してた部分があったんで、今年は自ら率先してSEAdLINNNGの一員として団体を引っ張っていけるように、って思っていたので矢先にこういう状況になってしまったので。気持ち的にも状況的にも私がやらなきゃなっていう気持ちでいます。大畠選手とシングルということで、お客さんが見たいカードでもあると思いますし、大畠選手は私の事が嫌いという事で。自分も本当嫌いなんで、ある意味相思相愛でいい試合になるんじゃないかと思いますけど、こんな人に私の力を引き出してもらうとか、どういうつもりで言ってるのかわからないですけど、お前にそれだけの力があるのかっていうのも疑問ですし、まぁベルトがなくなった大畠美咲とのシングルマッチ、楽しみにしています。」

 

 

大畠「まぁ去年、ベルトに一切絡めてない中島には言われたくないですけどね」

 

中島「絡むつもりもないですけど、別に」

 

大畠「なんで?ナンバーワンになりたいんじゃないの?」

 

中島「ナンバーワンと思えるベルトがないの」

 

大畠「じゃあ作ればいいじゃん。SEAdLINNNGのベルト作ったら?そういう行動もしてこなかったわけでしょ」

 

中島「作るつもりもないですね。だからそれをベルトとか、そういう形にこだわるのも大事だと思いますけど」

 

大畠「それ以外でも目立ってないよね」

 

中島「そういう単純な部分って超えてきてるんで」

 

大畠「そうは思ってないと思うよ。SEAdLINNNGのお客さんは今、高橋奈七永が欠場ってなったとしても中島に期待してる人はいないと思いますね。」

 

中島「それはあなたの感情ね。それはどうだか知らないけど」

 

大畠「それはこの間の夏にSEAdLINNNGに出て思った私の感想です」

 

中島「私の中で別に他人の期待とか関係ないんで。私の去年のテーマもスキルアップでしたし、そこに関しては今までのプロレス人生の中で一番伸びれたと思うんで、それを今年はしっかり表に出していかないとなっていうのが自分の中のテーマというか、責任だと思ってるんで」

 

大畠「他人は関係ないって言ってるけどさ、ナンバーワンっていうのはさ、他人が証明するんじゃない。自分で私がナンバーワンですってならない」

 

中島「私は本当そうは思わないし、ゴチャゴチャうるさいし、本当に思う!この人正論しか言わないんですよ。正論は誰も救わないですよ。あなた自身も。」

 

大畠「何それ?宗教の勧誘でもしてるの?怖いんだけど」

 

中島「この正論ババアはきっちり後楽園ホールで潰してやる」

 

大畠「ババアって3ヶ月しか変わりませんけど」

 

ー2人のシングルマッチはいつ以来?

大畠「たぶん私が波女になった年以来ですね」

 

中島「トーナメントですね」

 

大畠「2013年です」

 

ーその時を振り返って?

中島「もうあんまり覚えてないので振り返りようもないんですけど。」

 

ー大畠のどこが嫌い?

中島「正論だけのところですよ。あとねちっこいところですかね、過去の事をだらだらと。いつまで言うんだろって感じですけど、まぁ過去に縛られているのかなっていう感じですね」

 

大畠「一生言うと思う」

 

中島「一生言って!一生言ってほしい!」

 

 

IMG_7716
〈第5試合 シングルマッチ30分1本勝負〉
世志琥vs浜田文子(プロレスリングWAVE)

 

IMG_7724

 

浜田文子コメント
「高橋奈七永が欠場になったということで、もともとオファーはいただいてたんですけど、自分からこのカード提案させていただきました。」

 
世志琥コメント
「SEAdLINNNGの世志琥です。
今回SEAdLINNNG2018年開幕戦ということで自分自身もそしてお客さんも高橋奈七永とのシングルマッチを楽しみにしていたので非常に残念な気持ちです。
色々と不安というか心配もあるんですけど
今回浜田文子選手が名乗り出てくれて自分は試合ができるので新年一発目からぶちかましていきたいと思います。」

 

 

文子「世志琥はOZのベルト持ってるのもそうだけど、高橋奈七永とライバル意識があるのでいいなっていうのと、プラスSEAdLINNNGの選手もナナエさんがいないということで不安の気持ちが凄くあると思うんですけど、そういった意味でも自分しかいないんじゃないのって。世志琥選手がどこまで大きくなった、どこまでぶつかって、しかもナナエさんがいないプレッシャーの中で、しかもメインでどういう風にぶつかってくるのかが非常に楽しみです。ハッピーエンドになるのか、ならないのかわからないけど自分しかいないんじゃないの」

 

 

世志琥「自分がしっかりSEAdLINNNGを引っ張っていく存在だというのを証明したいですし浜田文子選手との試合ですが、浜田文子、そして高橋奈七永とも闘ってるという気持ちで試合したいと思います。」

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木