contact

2022年02月22日

【SEAdLINNNG3・18新木場大会 決定カード!】

11B5CA02-481A-4537-81C4-CF7B5D1FAED9
2・21新木場で川畑梨瑚が五番勝負を完走。試合後、先に五番勝負を終えていた海樹リコの挑発もあり、次回3・18新木場大会での両者のシングルマッチが決定。また、この日のメインでは中島安里紗が中森華子を破り、BEYOND THE SEA Single王座の初防衛に成功しているが、リコと川畑が次期挑戦者として名乗りを上げた。中島はリコ対川畑の勝者の挑戦を受けるとしながらも、両者のマイクアピールから熱が感じられないとして、内容次第では挑戦を受けることを拒否する可能性も示唆した。査定試合の様相も呈してきたリコ対川畑の一戦はどうなる!?
7D98B75D-A5A8-40DB-8432-703BECDCE3CE
 
2022年3月18日(金)
「SEAdLINNNG SHINKIBA NIGHT!」
東京・新木場1stRING(18:00開場/18:30開始)
 
ー決定カードー

〈シングルマッチ 20分1本勝負〉
海樹リコ vs 川畑梨瑚(T‐HEARTS)

B41CDD8D-F0E7-4A6F-9652-6112599F6961

B4495257-47DA-48DD-9065-D7D4AB70B021

 
ー参戦決定選手ー
中島安里紗/世志琥/真琴/松本浩代/朱崇花/笹村あやめ(2AW) /青木いつ希(ショーンキャプチャー) and more!

 
[チケット料金]
■dシート(最前列) ¥7,000
■REDシート ¥6,000
■BLUEシート(北ステージ上二列目以降) ¥5,000
■dフレンズシート(高校生以下) ¥1,000 ※要身分証明書
dフレンズシート以外当日¥500アップ
 
[主催]
株式会社SEAdLINNNG (seadlinnng.com)
[お問い合わせ電話]
044-201-1341
[メール]
info@seadlinnng.com
 
[チケット販売所]
※SEAdLINNNG扱いチケットは通販サイトからのお申し込みとなります。
□SEAdLINNNG事務所 https://seadlinnng.buyshop.jp/ 
□イープラス http://eplus.jp/sead/ (PC&携帯)ファミリーマート店内Famiポート
▼dフレンズシートのお申込みはこちらのメールフォームから!
http://seadlinnng.com/ticketform
 
[会場アクセス]
〒136-0082 東京都江東区新木場1-6-24
各線新木場駅より徒歩2分

2022年02月22日

2.21試合結果

2022年2月21日(月)東京・新木場1st RING
「SEAdLINNNG~SHINKIBA NIGHT!~」
観衆125人
 
第1試合
シングルマッチ〜川畑梨瑚seadlinnng5番勝負第5戦(20分1本勝負)
○堀田祐美子(13分33秒、ピラミッドドライバー→エビ固め)川畑梨瑚×
IMG_3471
第2試合
ハイスピード3WAYマッチ(20分1本勝負)
◯世志琥(9分6秒、トリプルたいようちゃん☆ラ・マヒストラル)高瀬みゆき×
※もう一人は山下りな
IMG_3481
第3試合
6人タッグマッチ(30分1本勝負)
松本浩代&○青木いつ希&真白優希(17分22秒、大黒落とし→体固め)真琴&笹村あやめ&海樹リコ×
IMG_3492
メインイベント
SEAdLINNNG BEYOND THE SEA Single Championship(30分1本勝負)
〈王者〉◯中島安里紗(20分17秒、D×D)中森華子×〈挑戦者〉
※第7代王者が初防衛に成功。
IMG_3517

▼試合結果詳細
http://seadlinnng.com/result
 
ご来場・ご視聴誠にありがとうございました!

2022年02月22日

2.21新木場・メインイベント

メインイベント
SEAdLINNNG BEYOND THE SEA Single Championship(30分1本勝負)
〈王者〉中島安里紗(20分17秒、D×D)中森華子〈挑戦者〉
※第7代王者が初防衛に成功。
IMG_3504 
中森が握手を求めるも中島は応じず。開始のゴングが鳴り、グラウンドの攻防を展開。ヘッドロックから中島がフロントハイキック。お互いにフロントハイキックで蹴り合う。中森はサッカーボールキックを連発し、PKからギロチンドロップ。コーナーに中島を追い詰め、顔面踏みつけから更に蹴りを叩き込む。バックの奪い合いから中島がカサドーラフットスタンプ。顔面蹴りの連発からケンカキックも放ち、お返しのサッカーボールキックの連発から顔面低空ドロップキック、キャメルクラッチ。エプロンで中森がブレーンバスター狙いも耐えた中島がフロントハイキック。中森も同じ技で応戦し、再び打ち合いに。中森がコーナーマットに中島を何度も叩きつけ、助走をつけて走るも、中島が迎撃。場外に落とすとエプロンからミサイルキック。更にコーナーからプランチャも中森がキックで待ち構える。
IMG_3515

5分経過。中森は場外ブレーンバスター。リングに戻り、ロープに中島を絡ませて腕固め。背後からミドルも放つと、リング中央で再び腕を固めていく。ロープに固定しての腕狙いも、中島は「舐めんな」とエルボーで応戦。中森を倒すと再び腕狙い。そこから蹴りを連発するも、中島もスリングブレイドで反撃。ロープに固定してエルボーを連発し、ミサイルキック。中島がバックを奪うが、中森が脱出。だが、中島が蹴りを連発し、アンクルホールド。
IMG_3512
10分経過。中島が投げっぱなしジャーマンからコーナーに上がると中森が追いかけて雪崩式ブレーンバスター。中森がコーナーに上がると今度は中島がぽい懸ける。コーナー上でのエルボー合戦から中島がエルボー連発で宙づりにしてフットスタンプ。コーナー最上段から場外の中森にダイビングフットスタンプも見舞う。リングに戻りもう一発ダイビングフットスタンプ。中島が顔面蹴りを連発。ダブルニーを放ち、ドラゴンスープレックスの構えも、中森が脱出して顔面蹴り。ラリアットもかわすと腕固め。中森がカウンターのハイキックからシャイニングキック、ツームストーンパイル。
IMG_3513
IMG_3511
15分経過。中森がコーナーからダイビングギロチンも自爆。それでも串刺しスピンキック。中島は腕を掴んだ状態でエルボー。中森も返して腕を掴んだ状態でエルボー合戦へ。中森が顔面蹴り。ハイキックをかわした中島は投げっぱなしジャーマン。中森はカウンターの延髄斬り。中島はカウンターのエルボー。エルボー、張り手の相討ちからフロントハイキックも相討ちとなって両者ダウン。ダウンカウントは7でストップ。中島が左右のエルボーを連発。中森はロープに走って延髄斬りからフィッシャーマンズドライバー2連発。
IMG_3514
IMG_3516
「まだだ」と起こしての3発目は切り返した中島が丸め込み。中森も丸め込みを連発。座った状態の中島の顔面に蹴りを入れた中森は改めてフィッシャーマンズドライバー。カウント2。中森がバックを奪って攻撃を狙うが、中島はスタナー。キックもガード。。2発目はエルボーでキックを阻止して4の字ジャーマン。カウント2。ドラゴンスープレックスは耐えた中森だったが、中島はドラゴンスリーパーからドラゴンスープレックス。カウント2。
IMG_3517
20分経過。エルボーを叩き込みD×Dで3カウント。

中島 SEAdLINNNG BEYOND THE SEA Singleのベルト初防衛したぞー! このベルトをこの女子プロレス界の中で強さの象徴としてこれからもっともっと光輝かせる為に初防衛戦の相手、中森華子お前で良かったと思う。これからやっとまた堂々とお前の横に立てるよ。このベルト、どんどん防衛してく、勿論。だけどお前とのデイリースポーツタッグのベルトも一緒にどんどん防衛していこう。バイオレンスプリンセスこれからも宜しく。という事でこのベルトを強くする為にいつ何時誰の挑戦を受けられる強いチャンピオンでありたいと思います。この…。
IMG_3522
(リコが登場)
リコ 今いつ何時誰の挑戦でも受けるって言いましたよね。そのベルト、自分に挑戦させて下さい。
(川畑もリングイン)
川畑 そのベルト自分が挑戦させて下さい。
リコ いや、自分に。
中島 熱い気持ちを感じられないのでどっちも無しです。
川畑 自分が挑戦させて下さい。
リコ 自分が挑戦させて下さい。自分に挑戦させて下さい!
川畑 いえ、自分に挑戦させて下さい。
中島 こっちからしたらどっちでもいいんだけど、試合見てた、今の。よくそんな事が言えるな。ヘラヘラフラフラ上がって来て。もっと熱い気持ち見せてみろよ。足りねえんじゃねえの。2人が戦って勝った方とやってやるよ。やってやるけど、お前ら2人のシングルで見せて見ろ。メインでも何でもいいよ。お前らが締めてみろよ。そしたらどっちの挑戦でも受けてやるよ。分かったらリングを降りろ。
リコ 安里紗さん、自分なんで。
中島 どっちでもいいけど、まだまだ足りないですよ。次回の新木場で戦うとか言ってたね。結果はどうなるか、内容で決めたいと思います。このベルトの価値をどんどん上げていきたいと思います。
(この後、Let’s Get d!!!締め)
IMG_3525

2022年02月22日

2.21新木場・第3試合

第3試合
6人タッグマッチ(30分1本勝負)
松本浩代&○青木いつ希&真白優希(17分22秒、大黒落とし→体固め)真琴&笹村あやめ&海樹リコ×
IMG_3499

IMG_3488
青木と真白の握手をラスエゴが拒否。真白が「海樹リコ出て来いよ」と挑発するも、コーナーに下がってしまい、青木に「お前が呼んだんだろ」とリング内に戻される。真白が力比べを要求もリコが優勢。リストの取り合いからリコがヘッドロック。ロープに振られると真白が倒していく。松本はリコをコーナーに叩きつけ、ヘアホイップ。コーナーにセットして串刺しプレス。真白は青木にタッチさせず自ら出る。リコにドロップキックを連発。リコもドロップキックの連発でお返し。真琴が登場し、コーナーに叩きつけ、ラスエゴ3人で踏みつけ。真琴は真白をロープに振るとフロントハイキック。ボディースラム狙いは逆に真白が絡みついてジャベ。キックの連発もロープに倒され、真琴はロープを蹴り上げる。そしてパダライスロックを決め、ラスエゴ3人でポーズ。

そして真琴がフットスタンプ。笹村はストンピング。真白の攻撃をかわし続け、頭をはたいて挑発。笹村&リコは連続のダブル攻撃。ボディースラムをかわした真白がロープに走るも真琴がカット。それでも笹村にカウンターのドロップキック。青木が登場し、笹村にタックル、串刺しエルボー、フェースクラッシャー。ボディースラムをかわした笹村は顔面低空ドロップキック。フォアアーム合戦から笹村が足を踏みつけるも、青木はカウンターのエルボー。笹村は低空ドロップキックから低空DDT。真琴は串刺しキックからダブルアームスープレックス、サッカーボールキック。膝蹴りも連発。青木は真琴をカニ挟みで倒してドロップキック。松本がリングイン。真琴にボディープレス。真琴はチョップで対抗し、フロントハイキックを決めると「松本来いよ!」。チョップ合戦へ。真琴はサミング。ラリアットも蹴りで迎撃するが、松本はロープワークからラリアットを決める。ブレーンバスター狙いは逆に真琴が決め、スピア狙いも耐えた松本がブレーンバスター。
 IMG_3492
10分経過。バックの奪い合いから真琴がカカト落とし、ハイキック、スピア。カウント2。リコがダイビングボディーアタック。馬乗りから後頭部をマットに何回も叩きつけ、ドロップキックからボディースラム狙い。耐える松本が逆にボディースラム。だが、笹村のアシストからリコが顎砕き、スタナー、丸め込み。松本はカウンターのローリングエルボーを決めるが、リコもエルボーを連発。松本は至近距離でラリアット。青木が登場。背後からダブルニーを決め、ブレーンバスターでフォール。コーナーからの攻撃は笹村がカット。リコ&笹村で合体フェースバスター。青木とリコが打撃で気持ちをぶつけ合うも青木が優勢。青木のラリアットをリコがy穂家、真琴のキックから笹村&青木がダブル攻撃。真琴の側転ダブルニーは真白が体を張って阻止。リコは青木にダイビングボディーアタック。青木はリコにSTO。肩に担がれたリコは丸め込み。
 IMG_3496
IMG_3497
15分経過。青木はカウンターのトラースキック。ロープに走ると笹村がカット。リコが丸め込み。カウント2。ノーザン狙いは青木が脱出。腕を取ってのラリアットもカウント2。真白が青木におぶさり、ボディープレス狙いは自爆。笹村、リコが同時に青木、真白にノーザンライトスープレックス。松本は2人まとめてバックドロップ。リバーススプラッシュ式ダブルニーから青木がセカンドロープからダイビングボディープレス。フォールは真琴がカット。ピンチのリコに青木が大黒落としを決めて3カウント。

2022年02月22日

2.21新木場・第2試合

第2試合
ハイスピード3WAYマッチ(20分1本勝負)
世志琥(9分6秒、トリプルたいようちゃん☆ラ・マヒストラル)高瀬みゆき
※もう一人は山下りな
IMG_3487 
高瀬が山下に握手を求めるが、やんわり拒否される。世志琥にも握手を求めるが応じず。南月も入れて3人で世志琥ポーズ。高瀬に対して世志琥&山下で攻撃。顔面ウォッシュも2人で決める。走って決める場面では山下が邪魔して世志琥は決められず。世志琥が山下に詰め寄ってからロープの振り合い。お互いに走らず。世志琥がキックを放ち、投げ飛ばすと、ロープワークから世志琥がコルバタ、ケンカキック。世志琥ブラ狙いの場面では高瀬もその上に乗って決める。
IMG_3480IMG_3481
高瀬は山下にもミサイルキックから脇固め。両腕を固めると世志琥がカット。世志琥と山下でダブル狙い。同時にキックを放ち、ダブルブレーンバスターと見せかけて、世志琥が山下を丸め込む。更にもう一回丸め込み。山下は世志琥に串刺しラリアット。コーナーで逆水平も連発。そこに高瀬も加わってチョップ。山下は「どいてろ」と高瀬にも一発。世志琥にはボディースラムから逆エビ。高瀬は同時にキャメルクラッチ。南月がカット。高瀬は南月を場外に出して1往復フォールを狙うと、南月が場外からカット。世志琥と山下でエルボーの打ち合いから世志琥が打撃ラッシュ。高瀬はセントーン。その上に世志琥もセントーン。南月が高瀬をロープに固定し、南月と世志琥で「カワカツ最強!」とアピール。
IMG_3485
ここへ山下が背後からラリアット。高瀬にはリバースインディアンデスロック。技を決めながら世志琥を挑発。世志琥が蹴りやエルボーを入れて山下が倒れると高瀬の足にもダメージ。だが、高瀬に技を決めたまま世志琥が世志琥ブラ。更にラリアット。高瀬は再びダメージ。高瀬は世志琥と南月を誤爆させてダイヤモンドカッター。山下には串刺しラリアットから肩に担ぐ。脱出した山下が逆に抱えるが高瀬が丸め込み。そこから山下も丸め込み。カウンターのラリアットから1往復フォールを狙うが、高瀬が立ち上がる。そこへ山下がラリアット。1往復フォールを許さなかった高瀬は丸め込み。山下がハイジャックバックブリーカーの構えも、世志琥がクラッカー。高瀬に連続マヒストラルを決めて3カウント。
IMG_3486

ヤシの木