contact

カテゴリー

2019年09月04日

チケット予約フォーム、オフィシャル通販サイトをご利用のお客様へのお願い

チケット予約フォーム、オフィシャル通販サイトをご利用のお客様で、こちらからのメールが送れないお客様が多数いらっしゃいます。
 
【seadlinnng2015@gmail.com】【info@seadlinnng.com】からのメールを受信できる様、ドメイン設定を解除して頂きますようお願い致します。
 
下記のような設定をされている方は、当サイトからのメールを受信できない場合がございます。
ご利用前に、あらかじめご自身のPC・携帯電話およびスマートフォンのメール設定のご確認をお願い致します。
 
・URL付きメール規制の設定がされている
・パソコンからのメール規制の設定がされている
・なりすまし規制の設定がされている
 
※携帯電話およびスマートフォンによっては、購入時の初期設定の時点で上記の設定がされている場合があります。
ご自身で制限の設定をされていなくても、事前に設定されている場合がありますので、ご利用前に必ずメール受信設定のご確認をお願い致します。
お手数をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年09月11日

8.2新木場・第4試合

第4試合
6人タッグマッチ(30分1本勝負)
○高橋奈七永&水波綾&高瀬みゆき(18分33秒、パッションパッケージ)世志琥&松本浩代×&有田ひめか
DSC01853 
奈七永が入場と同時に松本に詰め寄り一触即発。先発もこの2人。チョップ合戦から奈七永がタックルで倒すが、松本がブレーンバスターから踏みつけ。高瀬は世志琥にドロップキックからエルボー連打。世志琥は風車式バックブリーカー、キック連打から顔面ウォッシュ。有田もこれに続くが最後の走り込んでの一発をかわした高瀬がドロップキックから踏みつけ。水波は逆水平とエルボーを連発し、ギロチンドロップ。コーナーで逆水平チョップの速射砲から串刺しエルボー。綱引きから串刺しラリアット。
DSC02085 
5分経過。奈七永のサイドバスターと水波のギロチンの連係から奈七永が足4の字固め。松本が水波を背負ってのダブルニーでカット。ブレーンバスター。高瀬もギロチンドロップ、逆エビ。奈七永と水波も加勢。有はタックルで逆転。松本が登場。水波と高瀬でタックルを狙うが、世志琥&松本に弾き返され、高瀬は世志琥&松本の合体攻撃を食らう。有田はタックル4連発。高瀬がチョップとエルボーの乱れ打ち。有田は串刺しプレスを決めるが、高瀬はミサイル。奈七永組が串刺し。世志琥組も水波にお返し。
DSC02128 
10分経過。有田が水波にランニングニー。世志琥はスピーディーにキックを浴びせてセントーン。世志琥と水波がラリアットの打ち合い。水波は裏投げからラリアット。世志琥もラリアットで返し、相打ちから両者ダウン。松本が水波にエルボー連打。ロープに走ると奈七永がカット。水波はそこへラリアット。奈七永が登場し、串刺しラリアット。松本は串刺しプレス。奈七永はコーナーを使ってスタナー。冷蔵庫爆弾は自爆。松本は更にプレスから抱えようとするが奈七永はリバースし、インプラント狙いも世志琥がカット。世志琥&松本は合体攻撃。世志琥はセカンドセントーン、松本はコーナーからダブルニー。高瀬がダイビングギロチンでカット。
DSC02186 
DSC02197
DSC02201
15分経過。世志琥&松本に奈七永は連続ラリアット。松本にヘッドバットからバックドロップキック。起き上がった松本を更に脳天から叩きつけるも、カウント2。ワンセコンド狙いから今度は絞め技に移行。他も分断するが、松本はエスケープ。すぐさま奈七永がスライディングD。水波と2人でコーナーに上げ、奈七永が雪崩式狙いも世志琥がカットし、パワーボム狙いも水波がカットし、奈七永が雪崩式ブレーンバスター。すぐに世志琥のセントーンから有田はニー。松本はラリアット、ライガーボム。水波と高瀬がフォールをカット。ロックドロップ狙いは耐えるも、世志琥の加勢からもう一回狙い。松本はローリングエルボー。カウント2。更にロープに走るも奈七永が丸め込んで3カウント。
DSC02286 

奈七永「おい! パッション! おい、クソ女! おいお前な、調子いいことばっかよ、言ってくるけどな、おい、今日勝ったのはどっちだ、オラッ! 会場の支持率も勝率もこっちのほうが上だ。思い知ったか、オラッ!」
 
松本「うっせえ、高橋奈七永。こうやってな、SEAdLINNNGで戦って、お前と戦ってきてようやくわかった事があるんだよ。私は高橋奈七永の事が大嫌いみたいだ。8月18日、お前を爆破で木っ端微塵に吹っ飛ばしてやる。ここまでな、私に嫌われた事をありがたく思えよ。それから何度も言ってるように8月18日、私がベルトを獲ってお前との戦いは終わりだからな!(と言って先に退場)」
 
世志琥「何か変な空気になっちゃいましたけど…」
 
(急に小林香萌がリングイン)
 
小林「みなさーん、こんばんはー! どうも小林香萌でーす。すみません、今日メインには私は出ていないんですけど、この場をお借りして主張したい事がありまして。私、あのー、小林香萌、坊主でメキシコから帰って参りまして、このSEAdLINNNGさんに参戦させていただいているんですけども、ちょっと、結果を全然残せていなくて、ハイスピードではやられっぱなしですし。はい、そろそろ私もSEAdLINNNGで明確な結果を残したいと考えておりまして。世志琥さん、私と一緒にやっていっていただけないでしょうか?」
 
世志琥「もちろんだよー。えー、なに? メッチャいいじゃん。なになに? やりたいの、一緒に。ミコト?(と神童を探し、神童が「はい!」とリングイン)ミコト、一緒にやりたいって、どう? よくない? ねえ、ビックリ。、そんなサプライズある? 嬉しいわ。自分的には来る者拒まず、去る者追わずっていうスタイルなんで、もう全然来てもらうの、オッケーオッケー。なに? この調子でもっとうちとやりたいやつらとかいるのかな? いるの? いるならいまだよ。えっ、笹村?(笹村に対して)ひとつ言いたいことあるんだよね、笹村。覚えてるかな。笹村が最初にSEAdLINNNGに出たのって去年の自分の誕生日の興行の時なんですよ。自分が呼びたい選手いない?って言われて、最初に言ったのが笹村あやめ。それから1年間、SEAdLINNNGに出てもらってるんですけど、何か言いたいことあるの?」
 
笹村「世志琥さん、1年前からSEAdLINNNG参戦のきっかけをいただいてありがとうございます。自分は下品な中島さんを倒したい一心で今頑張っているんですけれども、どうしてもやられっぱなしで。世志琥さん、力を貸していただけませんか?」
DSC02373  
世志琥「え、それって一緒にやるって?」
 
笹村「やりたいです」
 
世志琥「もちろんだよー! やばいやばい。なんか集まってきちゃってるよ。ミコト、オッケーだよね? やっぱ最初からいるからミコトには確認取らないとさ。ねえ、オッケー?」
 
ミコト「はい!」
 
世志琥「イエーイ。ヤバイヤバイ。なんかユニットみたいになっちゃったんだけど、ちょっと今出来たばっかなので、まだ名前とかないんですけど、まぁ世志琥…組?みたいな感じでこれからSEAdLINNNG、女子プロレス界、かき回していくんで、お前ら楽しみにしとけよ。そこんとこ、ヨロシク」
DSC02414 
DSC02421 
(世志琥達は退場)
奈七永「なんだか、中島のユニットが出来てきたりとか、世志琥のユニットが出来てきたりとか、うーん。なんか……アニキ、この現状をどう思いますか?」
 
水波「色んなチームが出来てきましたね。でもね、奈七永さん、SEAdLINNNGで一番最初に出来たチームは我々マックスボルテージなんですよ。なんでマックスボルテージが出来たかって? そのパッションを日本中に、いや世界中に広めようって事でこのユニットが出来た訳です。日本中じゃもうおさまらないので、もっともっともっともっと、我々パッションチームは世界に行きましょうよ! 負けてらんねえぞ、マックスボルテージは!」
 
奈七永「さすが世界のアニキは言うことが違うね。じゃあさ、ひとつ言いたい事がある。高瀬! そろそろマックスボルテージ+ワンじゃなくて、正式にマックスボルテージに入りませんか?」
 
高瀬「うぉー! 代表! 待ってましたー! 私、この間の水波のアニキと後楽園ホールで組んだんですよ。最高にフォー!でした。分かりますか、みなさん。そして今日、奈七永さんと組んで最高にパッションでした! 奈七永さん、このマックスボルテージこそがシードリングで言う主役のチームですよね? 私はその主役になる! このパッション、マックスボルテージが私には合ってる! 私が入ってもいいですか? よろしくお願いします!」

奈七永「お願いします、高瀬!」
 
3人「うぉー!」
DSC02497  
奈七永「2人ともなんかテンションがどっか行っちゃってるね。私も負けそうなぐらいの勢いだよ。だけどこれからもっともっと、もしかしたらここにいる人達も入りたくても黙ってる人とかいるかもしれないし、まあちょっと様子見つつ、我々で盛りあげていこうよ」
 
水波「行きましょうよ!」
 
奈七永「誰にも負けないよ! よっしゃ、じゃあ最後はみんな元気よく立って、パッションで締めようじゃないか! 次は8月18日、川崎競馬場! そして9月は6日が新木場。18日は後楽園ホール。こうやってみんなチームが出来ていって、ますます熱くなっていくSEAdLINNNGから目を離さないでください。それでは何で締めますか? 3、2、1、パッションで締めたいと思います。いいですか? いくぞー! 3、2、1パッション!」
DSC02508 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年09月11日

8.2新木場・第3試合

第3試合
タッグマッチ(20分1本勝負)
○中島安里紗&下田美馬(16分19秒、ジャーマン・スープレックス・ホールド)笹村あやめ&Maria×
DSC01172
DSC01269
笹村組が奇襲。サンドイッチ式で中島に顔面ドロップキック。笹村は顔面蹴りも、フライングメイヤーは耐える中島。投げた笹村はキック。中島はDDTから顔面ドロップキック。場外戦で中島組が逆転し、リングに戻ると中島が笹村にドロップキック。笹村は串刺しエルボーからもう一発狙うも、かわされ、朱崇花&真琴も加勢して串刺し攻撃。更に下田がキャメルクラッチ。中島は顔面蹴り。逆片エビ固め等の関節技も決める下田。髪を掴み、両手を踏みつけ。顔面も踏みつける。
DSC01399

DSC01467
5分経過。笹村が中島にエルボー連打。中島もエルボーを返して顔面蹴り。エルボーから回し蹴りも、笹村はドロップキック。Maria登場。「来いよ、おばさん」と下田を挑発。力比べからドロップキック。ドロップキックをかわした下田は顔面蹴り。ロープに振ってエルボー。馬乗りで攻撃。逆片エビ固め。Mariaはエルボー連打も下田の一発で倒される。ドロップキックも倒れない下田。2発目で膝をつかせ、串刺しも下田はキックで迎撃。だがMariaは腕を取って腕十字、三角絞め。下田のエルボーにMariaはドロップキックで対抗。ボディースラムはさせなかった下田は逆にボディースラムから顔面キックを浴びせてジャベ。笹村がカット。
DSC01476

DSC01512
10分経過。Mariaが丸め込み。笹村がリングイン。下田を投げ飛ばし、バックへ回る。耐えた下田がホイップも、笹村は攻撃を食らわず顔面ドロップキック。ボディースラムを耐えた下田は踵落とし。中島はダブルアームスープレックス2連発。3発目を耐えるも、中島は丸め込みから間接技。マリアがカットも中島は技をしばらく解かず。走り込んでの顔面蹴りからミサイルキック。フットスタンプをかわすとタックルから逆フットスタンプ、ブレーンバスター。Mariaのボディースラム狙いは耐えられる。張り手合戦から中島がロープに走ると笹村がカットし、髪のつかみ合い。Mariaはドロップキック。中島の顔面キックから下田の一発を挟んで再び中島がキック。ダイビングフットスタンプをMariaが避け、笹村が大外刈り。中島と笹村が同時にスープレックスで笹村が中島をカット。笹村とMariaの連係からMariaは中島に張り手からボディースラム。Mariaは丸め込み。下田が中島に「しっかりしろ」。笹村が
2人にドロップキック。笹村の攻撃がMariaに誤爆。中島はバックドロップ。カウント2。中島がダイビングフットスタンプ。笹村がカット。下田は踵落としで笹村を排除。最後は中島がジャーマンで3カウント。
DSC01516
DSC01615 

中島
「私と下田美馬相手にこんな小娘、物足りねえな!って言おうと思ったけど、メッチャ痛えよ。でもね、まだまだ物足りないですよ、うちらにとったらね。あやめちゃん、なあ、ケンカ売っといてこんなもんか!?」
(笹村の髪の毛を掴む中島だが、割って入ったMariaがマイク)
 
Maria
「中島さん、今自分のマーベラスの同期、神童は、この前、世志琥さんに弟子入りして、これからどんどんもっともっと強くなっていくと思うんですよ。そして、もう1人の同期、星月芽依は今ハイスピードで、色々鍛えられて、ただでさえスタミナバケモノなのに、もっともっとスタミナつけて、上に行くと思うんですよ。自分もその2人に置いていかれたくないんですよね。だから! 中島さん、そのユニットに自分も入れてください!」
DSC01654   
中島
「どうした? 急にどうした。どうする? じゃあひとつ条件付き。ちゃんと化粧をするっていう条件付きでいいよ、入って。いいよ。ね。まあうちら強いし9月18日、私もシングルのベルト、あんたのところとエースと戦って、まあね、チャンピオンになる確率100%かな。で、9月18日この2人(真琴&朱崇花)もタッグのベルトに挑戦する。獲る確率はもちろん?」
 
朱崇花
「100%」
 
中島
「なんで、今このユニットに入るっていうのはかしこい選択だと思う。もっともっとみんなで強くなっていきましょう! という事で、うちらのユニットは『来るモノ拒まず、去るモノ許さず』っていう感じなので、そこん所お願いしますね、みなさん。ということで9月18日、うちらがSEAdLINNNGの、そして女子プロレス界のセンターになっていきますので、みなさん楽しみにしていてくださーい!」
DSC01716 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年09月11日

8.2新木場・第2試合

第2試合
タッグマッチ(20分1本勝負)
真琴&○朱崇花(10分38秒、ムーンサルトプレス→片エビ固め)アマゾン×&米山香織
DSC00892
今大会が新木場ラストとなるアマゾンは米山とのタッグで登場。対するはタッグ挑戦が決まっている真琴&朱崇花。先発は米山と真琴。米山コールが真琴コールにかき消される。力比べは真琴に手が届かず、アマゾンに肩車してもらう。朱崇花も肩車して力比べ。アマゾンが米山を抱え、真琴&朱崇花を攻撃。アマゾンは真琴にボディースラム。米山登場でおんぶしてもらって串刺しもかわされる。
DSC01040 
真琴は米山にタランチュラ。朱崇花は顔面低空ドロップキック。米山はモゴリアンチョップ、グーパンチ、クロスチョップからロープに走るも、朱崇花はフロントハイキック、ボディースラム、エルボー。真琴&朱崇花が合体攻撃。真琴は米山を投げ飛ばし、ボディースラム。
DSC01082 
5分経過。タッチを狙う米山だが、未遂。タッチ後はアマゾンが真琴にチョップ連打、サイドバスター、フィッシャーマンズスープレックス2連発。2人まとめてラリアットも放つ。真琴はアマゾンに変型腕関節、側転ダブルニー。朱崇花がスワンダイブミサイル。朱崇花はドロップキック、張り手。アマゾンもエルボー、串刺しプレス。得意とする左右のジャイアントスイングも公開。エプロンの朱崇花をブレーンバスターで投げる。ダブル攻撃をかわした朱崇花はバックに回るが逆にアマゾンが投げっぱなしジャーマン。ネックハンギングボムは切り返した朱崇花が丸め込み。2人でえ走り込んでのキックから変型チョークスラムを朱崇花が決める。
DSC01135
10分経過。最後はムーンサルトプレスで3カウント。タッグ挑戦に向けて弾み。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年09月11日

8.2新木場・第1試合

第1試合
ハイスピードタッグマッチ(20分1本勝負)
駿河メイ&○星月芽依(9分36秒、回転エビ固め)小林香萌&神童ミコト×
 
小林組のセコンドには世志琥。メイメイが奇襲。小林に照準で丸め込む。更にメイメイポーズ。神童がカット。だが、2人にメイメイポーズを強要。小林は神童ミコトと衝突し、メイメイんに倒される。スピーディーなロープワークから神童ミコトが加わり、星月にダブルドロップキックキック。駿河にもドロップキック。小林のボディースラムからすでに走っていた神童がフォール。小林組が2人で駿河を攻撃。神童はドロップキックを連発。小林はキャメルクラッチ。
DSC00617 
DSC00652
5カウントでも離さず、南月レフェリーがカット。小林は背後からドロップキックを決め、逆エビ。駿河は回転エビ。突撃狙いは買いhいされるも、ロープに飛び乗って跳ねる。小林も対抗するが、2回目で落とされる。駿河はドロップキック。星月登場でドロップキックを連発。フォールは回避する小林。場外を逃げる小林だが、南月が捕獲。小林は南月を客席にホイップ。
DSC00707

DSC00748

DSC00839 
5分経過。小林は会場の外に逃げ、戻ってくると追いかけていた星月にドロップキック。ジャベを決めると低空ドロップで南月がカット。神童が加勢し、南月にダブルタックル。だが南月もすぐに2人を翻弄。メイメイも続き、踏みつけながらメイメイポーズ。更に小林に追いメイメイ。小林が狙ったドロップキックは南月に命中。神童はドロップキックから星月をフォールも、南月レフェリーのカウントはダメージで遅い。メイメイの連係からのフォールは小林がカット。星月は神童にボディースラムからフォール。神童も丸め込み。神童のドロップキックからフォールもカウント2。
DSC00865 
駿河が倒し、星月がジャックナイフからの回転エビ固めで3カウント。メイメイびいきのカウントに納得のいかない小林組は南月レフェリーに八つ当たり。
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木