contact

カテゴリー

2017年10月20日

メインイベント・エンディング

IMG_5861IMG_5860IMG_5859

IMG_5863

IMG_5857

5、FLY NOW!(30分1本勝負)

○世志琥&山下りな&小林香萌(18分44秒、エビ固め)Sareee●&水波綾&赤井沙希

※ラリアット

 

 

 

【リポート】

今大会でSEAdLINNNGを退団するSareeeに対し、「何しにSEAdLINNNGに来たんだかわからない」と批判した世志琥。所属最後の対決で、激しくぶつかり合うのは必至だ。またDDTの赤井沙希の初参戦も注目。会見では世志琥の女子力のなさを批判し、話題をさらっていった。さらに、SEAd918新宿で世志琥にタッグながら勝利している水波綾、WAVE812大田区で同じく世志琥から勝利している山下りなも参戦。またハイスピード常連の小林香萌もはじめて通常マッチに登場となる。

 

小林vsSareee、山下vs水波、世志琥vs赤井でまずは顔合わせ。そこから世志琥組がロケット式ドロップキックで小林を発射! コーナーの赤井に命中させる。赤井もブレーンバスターでやり返し、Sareeeと交代。

 

Sareeeはドロップキックでまずはやり返すと、小林をキャメルクラッチで捕獲。すかさず水波が顔面ドロップキック。赤井もランニングキックで続いてお返ししていく。両チームともに息は合っているようだ。

 

山下vsSareeeの場面へ。山下はサソリ固めでステップオーバー。ニュートラルコーナーに水波とSareeeを対角でセットすると、山下&世志琥で串刺しラリアットで往復。さらに世志琥の顔面ウォッシュがSareeeにヒット。走り込んでの一発は……Sareeeがエルボーで迎撃していく。

 

赤井も躍動。水波とのトレイン攻撃を決めると、場外に落ちた小林にエプロンからのランニングキック。リングに戻って赤井がダイビング・クロスボディーを投下させる。山下にはミドルキックからのPKを決める。

 

続いて山下vs水波となり、裏投げを狙う水波。堪えられるとエルボー連打。一方、山下も後頭部へのランニングニー。バックドロップでカウント2。水波もアルゼンチン・バックブリーカーで担ぐも、着地した山下がラリアット。続く世志琥が水波にセントーン。ラリアットの打ち合いとなり、世志琥が先に倒すが、水波もやり返し、投げっぱなしドラゴンスープレックスからのラリアットをお見舞いする。

 

Sareeeが飛び出していき、世志琥に低空ドロップキックを連発。そしてジャーマンSH→ダイビング・フットスタンプを投下するが、これも決まらない。もう一度コーナーに登るSareeeだったが、小林が足止め。すると世志琥が追いつきエルボーのラリー。世志琥が制して雪崩式バックフリップへ。続けざまにセカンドロープからのセントーンを投下させるも、かわすSareee。すかさず赤井がキック→水波が裏投げでアシストに入ると、改めてSareeeが裏投げを放って行く。

 

6選手が入り乱れたあと、再び世志琥vsSareee。エルボーの打ち合いから世志琥がネックハンギングを狙うが、Sareeeも回転エビ固めに切り返す。ウラカンラナは世志琥が逆エビ固めへ。堪えられると、ラリアットを一発。キックアウトされるとトドメの一発で世志琥が勝利を収めた。

 

 IMG_5865

 

◎エンディング

世志琥「ありがとうございました。悪いけど、SEAdLINNNGのリングは本気でやる気のあるヤツ、それと100%のプロレスしたいヤツだけが上がれるリングなんだよ。まあお前の人生だ。お前が決めることだけどよ、またここのリングで闘いたいっつーんだったら、いつでも上がってこいよ。逃げんじゃねーぞ」

 

Sareee「逃げるわけねーだろ! いまは何も説得力ないかもしれないけど、お前、見とけよ。お前を後悔させてやるよ。そうやって言ってること。こっちが先に女子プロ界のトップ立ってやるから。いまのうちだよ、お前は!(そのまま退場)」

 

水波「世志琥×2。本気で闘えるヤツ、100%プロレスがしたいヤツ、いるいるいる、ここに! お前とサシでやる準備、いつでもできてるからよく覚えとけよ(そのまま退場)」

 

赤井「世志琥、本気でやりたいヤツ、100%のプロレスがやりたいヤツ? ウチもその覚悟があったからこのSEAdLINNNGのリングに上がりました。世志琥、よう覚えときーや(そのまま退場)」

 

すると山下も世志琥の前へ。にらみ合う両者を見た小林が「ちょっと×4、今日はいいじゃないですか。勝ったんですから。仲良く、仲良く、楽しく盛りあげていきましょうよ。最後のあれ、締めたいでしょ? みんなでやりたいでしょ」と仲裁。最後は3人で「Lets get d!」で大会を締めくくった。

 

 

 IMG_5869 IMG_5870

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年10月20日

第四試合

IMG_5840IMG_5841IMG_5842IMG_5843

4、STEP BY STEP(20分1本勝負)

○中島安里紗(14分28秒、ドラゴン・スープレックス・ホールド)ロサ・ネグラ●

 

 

【リポート】

プエルトリコ出身のレスラー・ロサ・ネグラがSEAdLINNNGに初参戦。これまで海外の選手との接触があまりなかった中島にとって、日本における外国人選手との初シングルとなる。918新宿でははじめてハイスピードマッチに挑戦するなど、プロレスの幅を広げている中島。ロサは南月が保持していたハイスピード王者にもなったことがある実力者だけに、この一戦がさらなる飛躍に繋がることは間違いない。

 

序盤はややロサペース。ロサの串刺し攻撃。スパインバスターが決まる。中島は回転エビ固めで流れを変えようとするも、切り返したロサがヒップドロップ。そしてトラースキック。さらに中島をニュートラルコーナーに叩きつけていく。中島もエルボーでやり返すと、ソバットからの顔面蹴り。続くミサイル弾はカウント2。

 

続いてロサはグラウンドでも主導権を握る。うまさを見せるロサに対し、中島もストレッチマフラーホールドで応戦。するとセコンドのビッグバン・ニコルがタオルを滑り込ませ、ロサを引っ張っていく。当然、レフェリーに見つかり厳重注意。

 

中島がブラ下がりフットスタンプやダイビング・フットスタンプを放てば、ロサもジャックハマーからのエアプレーンスピンでカウント2。すぐさまフロッグスプラッシュを投下させるも、これは中島が回避。このチャンスに中島は投げっぱなしジャーマン→回し蹴り。キックアウトされると、ムーンサルト・プレスを投下。ここはカバーには行かず、ダメ押しのドラゴンSHで3カウントを奪った。

 IMG_5844 IMG_5845

IMG_5846

試合後、ロサが「イタイ……。アリサ、グッドマッチ(とF●○K YOUポーズ)」と、英語でまくしたてると、桃野が通訳を買ってでる。

 

桃野「かわりに説明してやるよ! いい年こいて、そのヒラヒラのコスチュームやめたらだって」

 

中島「絶対、そんなこと言ってない!」

 

桃野「ベストフレンズもダサいって。とりあえず、もう1回やりたいって言ってた」

 

ロサ「チョットマッテ。リマッチ!」

 

中島「それはわかった、私も。さっさと連れて帰れよ。何言ってるかわからないけど、今日は私が勝ちました。28歳、まだまだヒラヒラでいきたいと思います!」

 

 

 

◎バックステージ

中島「試合も見たことなくて、情報として身長と体重が同じくらいというのだけ見ていたので、でも思ったよりパワーが凄くて、こんないい選手がいたんだなっていう。新たな発見だし、SEAdLINNNGに入ってなかったら出会えてなかった選手だと思うので、これからリマッチと向こうも言っていましたけど、こっちとしても願ったり叶ったりで私としてもどんどん闘っていきたいので。まだまだ自分の足りてない部分とかも凄くわかってるし、そういう部分は一朝一夕で手に入るものではないので、努力を積み重ねて。来年、私はSEAdLINNNG所属2年目になりますけど、もっと結果を出していきたいなというのはあります」

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年10月20日

第三試合

IMG_5851IMG_5849IMG_5848IMG_5856
IMG_5852

3、Foever飛翔天女(30分1本勝負)

世志琥&○藤本つかさ(18分10秒、片エビ固め)高橋奈七永●&豊田真奈美

※ビーナスシュート

 

【リポート】

113日に引退する豊田真奈美のラストSEAdLINNNGマッチ。豊田からジャパニーズ・オーシャン・クインビーボムを継承している奈七永と、ジャパニーズ・オーシャン・サイクロンSHを継承している藤本。SEAd918新宿での直接対決は、奈七永がクインビーボムで勝利している。また豊田と世志琥の絡みもこれが最後となる。

 

まずは奈七永vs世志琥が対峙。世志琥は奈七永の顔にツバを吐きかけると、奈七永が「汚いこと、してんじゃねーよ!」とエルボーのラリーへ。奈七永が自コーナーに世志琥を連れ戻ると、豊田が世志琥の顔に水噴射。このあたりの呼吸はピッタリだ。続く豊田がヘアホイップ→アームホイップと躍動。さらにキャメルクラッチで絞り上げる。

 

奈七永vs藤本の場面へ。奈七永がビンタを食らわすと、藤本も張り返す。それでも足らない藤本は控えの豊田にもお見舞い。「豊田さんになんてことするんだ!」と叫ぶ奈七永はクロスフェースでお仕置き。すると豊田も出ていき、藤本に張り手をお返し。そこから奈七永&豊田がダブルのフェースクラッシャーを成功させる。

 

藤本も豊田に反撃開始。張り付けドロップキックからJOサイクロンを狙うが、これは未遂。さらに藤本はサッカーボールキックやビーナスシュートを狙うが、回避した豊田が逆にJOサイクロンの体勢に。しかし藤本がミステリオ・ラナで切り返して世志琥と交代。

 

ここで世志琥は豊田にJOサイクロンの体勢!? これは奈七永が「100年早いんだよ!」と妨害。そして豊田&奈七永でリレー式ドロップキック。豊田の押さえ込みはいずれもカウント2止まり。

 

一進一退の攻防のなか、奈七永はラリアットで世志琥&藤本を失速させると、藤本を肩車。豊田のミサイル弾を呼び込み、イクボムへ! さらに豊田&奈七永はクインビーボムの競演を狙うが、これは未遂。

 

逆に藤本がツカドーラ。つっかちゃん★ボムで奈七永に攻勢。ビーナスシュートは奈七永が追いつき、投げっぱなしジャーマンで阻止。そして、奈七永が前回、藤本を下したJOクインビーボムへ! これを執念で返した藤本は、奈七永の冷蔵庫爆弾を剣山で迎撃。すかさずJOサイクロンに繋げるが……こちらもカウント2!

 

ここで世志琥が奈七永を肩車。藤本のビーナスッシュートを呼び込み、ライガーボムのアシスト。このチャンスに藤本が正調ビーナスシュートを叩き込み、なんと奈七永から初勝利を収めた。

 

喜びを露わにする世志琥&藤本。世志琥が藤本を肩車していると、豊田がマイクを握る。

 

IMG_5855 IMG_5854

 

豊田「世志琥、担いでいるの、下ろせ。お前、ずうずうしくもサイクロンやろうとしたな? お前にはやらないんだよ。奈七永、つっか、そして世志琥もアナタたち3人はこの女子プロレス界で先頭に立ってくれると信じてる。なので、自分たちでこの女子プロレス界をもっともっと盛りあげていって欲しい。できる?(うなずく3人)なんか、だんだん最後の実感が湧いてきたんですけど、この女子プロレス界を盛りあげていくのが私の願いです。本当、頑張ってください。もっと盛りあげてください。任せました」

 

豊田の熱いマイクに、後楽園ホールは「豊田」コールに包まれた。

 

 

 

◎バックステージ

奈七永「試合前のあおりのVTRのところにもあったんですけど、私が今いるきっかけになったのが豊田真奈美対山田敏代の髪切りマッチ。それをテレビで見て衝撃を受けてなんだこの世界はって思った瞬間から人生が変わりました。あこがれの全女に入っていろんなことあって高橋奈七永の人生って波乱万丈で、SEAdLINNNGという場所で、小さな団体ですけど、皆さんのおかげでやることができていて、そしてあと半月くらいで豊田さんが引退ということで、本当私にとって女子プロレスのお母さんという存在なんですけど、何年もかかわらなかった時間があったけど、そんなの関係ないくらい血がつながってる。お母さんの前で初めて藤本つかさにフォールを奪われる。すごい悔しい。私は落ちていってしまってるのか、年齢とともにくだっていってしまうのか。でも年齢はただの数字っていつも自分で言ってるんですけど、負けちゃいけないと思うし、豊田さんがああやって言ってくださる思い、女子プロレスといえば豊田真奈美って思う人もたくさんいる中で安心させなきゃいけないっていうのは本当に私の使命。ひとつの使命であると今日本当に痛感したので、豊田さんの隣でフォールを取られるっていうのもなんとも私らしいのかもしれないですけど、今日この日を忘れることなくあきらめることなく何があっても立ち向かっていきたいなと、今日だからこそ余計に胸に染みる負けでした」

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年10月20日

第二試合

IMG_5837IMG_5836IMG_5838IMG_5839

2、ハイスピード3WAYマッチ~High Speed Door!(20分1本勝負)

○朱崇花(12分38秒、片エビ固め)桃野美桜●

※ムーンサルト・プレス。もう1人は永島千佳世

 

 

【ハイスピードルール】

1)投げ技、打撃技からのフォールはロープを1往復してからでないと認められない。

2)関節技、その場の丸め込み技はロープワークなしでフォール、ギブアップが認められる。

3)すべてのカウントは高速。

 

 

【リポート】

南月たいようレフェリー考案のハイスピードルールに今回挑戦するのは、永島千佳世、桃野美桜、朱崇花の3選手。朱崇花は2度目の挑戦となり、ハイスピードの常連・桃野は、はじめての3WAY形式となる。また、キャリア22年の永島はSEAdLINNNG初参戦であり、ハイスピードも初登場だ。

 

開始早々、朱崇花が南月レフェリーにストンピング。前回918新宿大会で南月レフェリーに邪魔をされ、思い通りにならなかった腹いせだ。「オマエ! レフェリーに何やってるんだ!!」と注意を促す南月レフェリー。そこに桃野がドロップキックで飛び込むが、朱崇花がかわしたため、なんと南月レフェリーに誤爆してしまう。さらに朱崇花はが桃野、永島を南月レフェリーにハンマースルー。

 

読み合い、かわしあいがスピーディーに展開されるなか、永島が朱崇花にフットスタンプ。すぐにロープ1往復に入るも、その間に桃野が朱崇花にジャックナイフエビ固め。3WAYの利点をうまく活用する。

 

ならばと永島は朱崇花&桃野を2人まとめて足4の字固めへ。しかし、ひとり脱出した桃野が永島に首4の字。膠着状態の3人だったが、脱した永島が今度こそはと、2人まとめてブラ下がり腕十字で捕獲し、熟練の技を見せつける。

 

今度は朱崇花が躍動。永島&桃野を場外へと送り込みノータッチ・トペコンで魅了する。永島も裏投げからロープ1往復に入るも、朱崇花がドロップキックで迎撃。逆に朱崇花がカバーしたが、こっそり桃野がレフェリーを妨害し、これはノーカウントに。「桃野が足を引っ張った!」と主張する南月レフェリーだったが、朱崇花には信じてもらえず。怒った朱崇花は南月レフェリーに強烈ビンタを食らわすと、永島にその場ムーンサルトを投下させる。だが、ダメージが残る南月レフェリーは低速カウント。朱崇花の苛立ちが続く。

 

高速エビ固めの応酬など白熱するなか、朱崇花がコーナーに登る永島をドロップキックで場外へと排除。このチャンスに朱崇花が桃野にチョークスラム! ロープ1往復からのブーメランアタック式カバーを狙うが、完璧には決まらず。そうこうしている間に永島が復活してくるが、ここで永島、痛恨のミス!? 桃野へのボディースラムからのカバーは、ロープワークを忘れてノーフォール。再び朱崇花が永島を場外に落とし、速攻のムーンサルト・プレスで接戦を物にした。

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年10月20日

第一試合

IMG_5835IMG_5834IMG_5833

1、OPENING POP UP!(15分1本勝負)

○松本浩代(7分38秒、片エビ固め)トトロさつき●

※リバース・デスバレーボム

 

 

【リポート】

524後楽園以来の参戦となる松本浩代。対峙するのは、今年3月にアイスリボンでデビューしたトトロさつきだ。恵まれた体格とパワーファイトで注目を浴びるトトロは、現・OZアカデミー認定無差別級王者の松本にどう立ち向かっていくのか? また松本の持つ同王座に世志琥の挑戦が決まっており(OZ1029横浜)、松本としては調子のいいところを世志琥がいる、このSEAdLINNNGで見せておきたいところだ。

 

開始早々、松本はトトロのリングネームに興味津々。そのトトロが「私の名前はト・ト・ロ・だー!」と叫んで、まずは松本を軽々とボディースラム! 素早く走ってセントーンを投下させる。豪快な動きにファンからもどよめきが起こるが、セントーンは松本が寸前でかわして自滅に。

 

攻勢に転じた松本が逆水平チョップからダブル・ニードロップをお見舞い。そして串刺し攻撃を狙うが、迎撃したトトロがセントーン3連発。カミカゼからセカンドロープからのセントーン!

 

これを松本がキックアウトするとショルダータックルでぶつかり合う。これは互角の内容。ならばとロックドロップを狙う松本だったが、これも切り返すトトロ。しかし、粘りもここまで。最後は松本がリバース・デスバレーボムを突き刺し3カウント。女王の貫録を見せつけた。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木