BIOGRAPHY

デビュー戦 

96年7月14日、全日本女子プロレス
東京・後楽園ホール、vs中西百重

獲得主要タイトル

WWWA世界シングル
WWWA世界タッグ
NWA認定女子パシフィック
NEO認定シングル、JWP認定無差別
ワールド・オブ・スターダム
ゴッデス・オブ・スターダム

得意技 

ワンセコンドEX、19、ナナラッカ

バイオグラフィー

© 週刊プロレス

ビューティペア、クラッシュ・ギャルズらを排出した女子プロレス界の老舗団体・全日本女子プロレスに入門。
アニマル浜口道場出身の実力派レスラーとしてデビュー直後から注目を集める。団体の倒産危機に接しながらも残留を決意。同期・中西百重との“ナナモモ”タッグは「新生全女」の救世主となった。
当時、フジテレビで放送されていた女子プロレス中継『格闘女神ATHENA』の中心選手として活躍したほか、オフ・ザ・リングではナナモモ&ミホカヨ(脇澤美穂&納見佳世)を合体させた“キッスの世界”でCDデビュー。つんくプロデュースとして話題を呼んだ。
またタッグ、シングルと数々のタイトルを獲得。女子プロレス最高峰の赤いベルト=WWWA世界シングル王者にもなったが、全女解散により同王座が封印。
“赤いベルト最後の王者”として歴史に名を刻むこととなった。
団体解散後は、フリーユニット“ドリームキャッチャー”を経て、プロレスリングSUNを旗揚げ。新たな活躍の場を求め、再びフリーとなると夏樹☆たいようらと“パッション・レッド”を結成した。
その後、スターダムの旗揚げに参画。ワールド・オブ・スターダム、脇澤との“ナナミホ”でゴッデス・オブ・スターダムを奪取した。
さらなる飛躍を決意しスターダムを退団すると、引退した夏樹(現・南月たいよう)と合流。新会社「SEAdLINNNG」を設立するとともに、リングネームを奈苗から奈七永に改名した。
つねに熱い闘いを繰り広げ、女子プロ界の中心人物として君臨し続ける情熱ファイター……。

1978.12.23
埼玉県川口市で生まれる。
1992.08.15
山田敏代vs豊田真奈美の髪切りマッチを見て感動。女子プロレスラーを目指すことを決意する。
1996.03.00
全日本女子プロレスに入門。
1996.07.14
聖地・後楽園ホールでの対中西百重戦でデビュー。
1996.12.29
Jd’後楽園大会で行われた「96ルーキー・クラウン・トーナメント」に優勝。
1997.11.23
中西との同期タッグ“ナナモモ”で全日本タッグ王者となる。
1998.11.22
ナナモモで出場した「タッグリーグ・ザ・ベスト98」で初優勝。
2000.05.24
つんくプロデュース「キッスの世界」のメンバーとして歌手デビュー。1stシングル『ばくばくKiss』をリリース。
2000.07.16
ナナモモでWWWA世界タッグに挑戦。渡辺智子&前川久美子を破り第109代王者組となる。
2001.09.15
キッスの世界2ndシングル『Kiss of the World』をリリース。
2002.07.09
シングルの祭典「ジャパングランプリ02」初優勝。
2004.12.12
川崎大会にて、浜田文子を破り“女子プロ界の最高峰”WWWA世界シングル王者となる。
2004.12.29
ヒザの負傷のためWWWA世界王座返上。長期欠場を強いられる。
2005.04.17
欠場中に全日本女子プロレスが解散。無所属となる。
2005.09.00
全女時代の後輩・前村早紀、Hikaruらと『ドリームキャッチャー』を結成。
2005.12.18
フラッシュ7新宿大会にて約1年ぶりに復帰。
2006.10.01
新団体「プロレスリングSUN」を旗揚げ。
2008.04.24
夏樹☆たいようと共にフリー転向を発表。ユニット『パッション・レッド』を結成。
2008.10.04
NEO川崎大会で全女時代の先輩・井上京子を破り、NWA女子パシフィック王座&NEO認定シングル王座を奪取。
2009.04.12
アイスリボンのインターナショナル・リボンタッグ王者決定トーナメントに、牧場みのりと出場し優勝。第5代王者組となる。
2009.10.10
NEO新木場大会にて、井上京子&松本浩代を破りNEO認定タッグ王座を奪取(パートナーは華名)。
2010.04.17
アイスリボン板橋大会にて、松本都を破りトライアングルリボン王座を奪取。
2010.04.18
JWP後楽園大会にて、春山香代子を破りJWP認定無差別級王座を奪取。
2010.09.07
新団体「スターダム」への入団を発表。
2010.12.09
東京スポーツ制定のプロレス大賞「女子プロレス大賞」を初受賞。
2011.01.23
スターダム旗揚げに参加。
2011.07.24
後楽園大会にて、初代ワールド・オブ・スターダム王座を獲得。
2013.07.15
脇澤美穂とのタッグで、第5代ゴッデス・オブ・スターダム王座決定トーナメントを制す。
2013.09.23
スターダムのシングルリーグ戦「5★STAR GP2013」に初優勝。
2015.02.22
足首の軟骨除去手術のため欠場を発表。
2015.05.13
欠場中にスターダム退団を決意。
2015.06.12
夏樹☆たいよう(現・南月たいよう)と新会社「SEAdLINNNG」を設立。
2015.06.25
SEAdLINNNG後楽園大会の開催、並びにリングネームを高橋奈七永に改名することを発表。
2015.08.26
SEAdLINNNG初興行にて復帰。

迫力ある試合が魅力のSEAdLINNNG代表の歩みです

現役プロレスラーでもあるSEAdLINNNG代表の、これまでの歴史を写真つきでご紹介しております。WWWA世界シングルをはじめ、各種タイトルを取得した経歴がございます。女子プロレス界を盛り上げる中心人物として、今なお活躍し続けている代表の姿をご覧いただき、私もチャレンジしてみたいと感じていただけましたら幸いです。
迫力ある試合で観客を魅了し、類まれなる情熱とファイティングスピリッツで、20年ものあいだ現役を続けております。その熱い想いでSEAdLINNNGを立ち上げ、プロレス界をさらに魅力あるものに引き上げようと邁進しております。
SEAdLINNNGを知るためにも、まずは試合をご覧に足をお運びください。初めての方でも、観戦すれば心の内側から熱い気持ちが湧き上がってくると思います。一緒にプロを目指す方も大歓迎ですので、まずはお問い合わせください。
ヤシの木